IMON JNR キハ26・キハ55・キハ58 DCC化記録
新潟県 O様 DCC化御依頼

2016/9/21 モーターを交換しました



IMON さんから、両軸モーター 1220D12−10−20 が届きました

試運転、O.K牧場 !!

こちらの方が低速で力が有り、1.2V位で起動するので、キドマイティを交換しました
DCC向きの良いモーターと判断出来ました ⇒ 気動車のLN12、コアレスモーターの代わりに十分使えます

ホント、大サービスしてしまいました

2016/9/18 キハ55 完成しました



キハ55・キハ26-300



キハ58-1000



色々ありましたが、やっと完成しました



ヘッドライト、φ2.0 アクリルファイバー LED 1608 白色使用



テールライト、φ1.0 アクリルファイバー使用、LED1608 白色使用



室内灯、テープLED 白色使用



DCCの配線、デコーダーは、後部トイレの天井に取り付け



スピーカーは、MRCのφ20 のエンクロージャー付きを奮発サービス
キハ58もスピーカーをMRC のスピーカーに交換しました

で、完成、組んで、試運転しました

ゲッ、今回はIMONの車輛に祟られています
何と、コアレスモーターφ12 x 32 、ナミキのコアレスと思われますが、

DCCのPWM変調波電源と全く相性が合いません
兎に角、制御が出来ないに等しいのです ⇒ BEMFが少しでも効いていると、たとえ、CV57=01でも、、、、
ギクシャクと、ノッキングするのです
CV57=00で、OFFにすると、起動即、中速にスタートしてしまいます
タイムテーブルを変更しても効果はありませんでした
CV9で、パルスが変更出来るかと、値を変えてもダメ男なのでした
手持ちのキドマイティキドマイティTに交換、エンドウのトラクションモーターに搭載されているものです
ナケナシの新品在庫、ハタキました、価格こそ、\1,400 でしたが、Tは貴重品なのです
UやVは、まま市中に在庫が在ることがあるのですが、Tは再生産直後しか無いのです
トラクションモーターの修理用に持っていたものなのです
今回の製作は出費甚大、もう、ヘトヘトです



下が取り外した、φ12のコアレスモーター



なにせ、キドマイティは、オープンモーター、以前、走らせていて、ネジを磁石が拾い、
ローターに巻き込み、モーターをパーにしたことがあるので、
プラ板を加工、塗装して、蓋変わりに貼りつけておきました

兎に角、採算抜きで完成させました 大事にして下さい

次にかかります


------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

車輛、部品が届いています



キハ26-304 届いています ⇒ が、車輪が分解されています

IMON キハ26 304  DCC化改造項目
 KATO FL-12 取り付け
 ヘッドライト点灯化
 テールライト点灯化





キハ55 25 届いています ⇒ イモンギヤが欠品、車輪が分解されています

IMON キハ55 25  DCC化改造項目
 SDH166D (持込み分) 取り付け
 ヘッドライト点灯化
 テールライト点灯化
 イモンギヤ (12mm) 13:1 PL24.1 φ9.8 取り付け
 車体板金修理・補修塗装 (車体側面のみ)



キハ58 1532 秋アキ 届いています ⇒ 車輪が分解されています



IMON キハ58 1532  DCC化改造項目
 SDH166D (持込み分) 取り付け

2016/9/12 着工しましたが、デコーダーの入れ場所が、、、



キハ55 車体幅が小さいので、デコーダーの入れ場所が天井しかありません
で、仕方なく電球の照明を撤去しました
ここは、ついでにテープLEDに交換します ⇒ スペースを確保する為、1.2□の真鍮角線を半田付け、支柱、梁とします

室内灯のLED化は、見積りに入っていないよ ⇒ 出血です



この位置、トイレの上に設置します ⇒ スピーカー、コンデンサーもトイレに設置します



ヘッドライトレンズを外し、φ2,4 x 2.0 の細密パイプを取り付けました
ここに、φ2.0のアクリルファイバーで導光します
テールレンズも取り外しました ここは、スベースがないので、直接、妻面裏側から
LED1608 をφ1.0のアクリルファイパーで導光します



キハ26 これまた、照明を合わせる為、電球の照明を撤去しました ⇒ 致し方なしです



ヘッドライトレンズを外し、φ2,4 x 2.0 の細密パイプを取り付けました
ここに、φ2.0のアクリルファイバーで導光します
テールレンズも取り外しました ここは、スベースがないので、直接、妻面裏側から
LED1608 をφ1.0のアクリルファイパーで導光します



パイプは、瞬間接着剤で留めました



オマケが付いていました ⇒ トツボにハマりました

なんと、ヘッドライトにパイプを通す為、穴を開けていたら、掴んでいた、車体、妻面と、側板の継ぎ目の半田が
ピキッと、外れてしまいました ⇒ イモ付けのはんだ、しかも薄い真鍮板ですから、、、当たり前だろうナ
イラン事をしてしまった ドツボにらハマったのだ

補修が増えちゃいました、気力が薄れたので、キハ58は明日のココローッ

処で、このキハ 3 輌どう編成するのかな
キハ55とキハ26 を編成するなら、キハ26 のCV値、逆転設定をしておかないとライトが旨くないですよ
キハ58は、同一編成にするのでしょうか?????


編成の仕方をご連絡ください

2016/9/14 キハ58 が完成しました



DCCを装備するだけのこの車輛、一足先に完成させました



室内灯、LEDに変更しました 明るすぎるので、抵抗を510Ω入れました
1kΩ入れると、電圧が下がって、チラチラしますので、510Ωにしました



ヘッドライト、標識灯は、LEDが入っていたのですが、ヘッドライトがアンバー色で明るくなかったので、
φ3.0 のLED球、白に変更しました



配線の簡略化の為、元々の床下基盤を使用しました



8Pのコネクターも利用しましょう



結線用のピンが打ち込まれています これで、DC仕様直結回路です

実は、この 8P コネクターが禍しました





このターミナルは、DC用の室内灯配線となっていますので、使用しません ⇒ デコーダーの緑線から接続します



キャビン内の基盤です ⇒ これでは、DCCには使えませんので、改造します

抵抗は、1KΩに変更します



改造しました



組み立てに入りましたが、軸受けメタルがポロッと外れてしまいました これまた、半田付けし直しでした




プラスコモンの青線用のターミナルが、何処にも繋がっていないのでした
で、180度ひっくりかえして、繋ぐ事としました
何と、白線とモーター出力線の灰色を使うターミナルが裏側で、半田のヒゲが接触していたのです

モーターの回転が波打つし、ヘッドライトの点灯もチラついていたのでした

このショートが解ったのは、デコーダーを焼いてしまって分ったのです
トホホ、お客様が持ち込んだデコーダーです ⇒ 弁償しなければなりません

モーターが逆転するはずです ⇒ モーターの結線は後でやり替えます



配線し替えました



台車枠もグラグラしていて、車輪がすぐにはずれます これも、加工調節完了



キハ55 補修塗装を完了





キハ26 も半田はずれを補修しました

明日は、電装をします

2016/9/17 キハ26が完成しました











φ1.0 アクリルファイバー 導光 先端は、クリヤーレッドを塗布



今回、お詫びがてら、DN136Dをファンクションデコーダー代わりに使って、室内灯も F=0 で点灯させました
CV29=07で、逆転設定しました ⇒ キハ55と編成させるためです

二日前、実は大変な事がキハ58で起きていたのでした

以下、そのご報告


一台、焼いてしまった、デコーダー、SDH166D は、施主様がブラスロコさんから購入し持ち込んだ、キハタイプサウンド入りの物でした
で、わたしか弁償すべく、モデルランド田中さんから、キハ58用の spj サウンドを手配したのです

すぐに、届き、私の手持ちのSDH166Dにインストールして、試運転したら、すごく出来が良いので、
田中さんの音源に入れ替えをしてあげようとしたのです
キハ58 すでに完成していたものですから、車体に積んだ状態で、PR3にて、入れ替えを始めたのでした

ダウンロードを終えて、SOUNDTESTモードでテストした瞬間でした

あ゛〜っ、あ゛〜っ、パソコンがフリーズしてしまいました
マウスもキーボードも全く効きません
ボタンを押して、強制終了させてやっと復帰しました
時、すでに遅し、1万札が飛んで行きました

何と、サウンドのアンプと、黄色線のリレーが焼けてしまいました


参りました、施主さんが持ち込んだ、2台のSDH166D 、パーになったのです 大損害!!! 涙、涙、涙なのであります
2台とも、黄色線の回路がやられてしまいました

ここで、イモンさんの車輛、8Pプラグのショートの件を思い出し、全回路をテスターにかけてみました

驚くなかれ、下の写真、右列の上から2番目、私が、黄色線の配線で使っていた、ターミナル、
床板と、ショートしていたのです、しかも、チョビ漏れ、40Ω程の抵抗を示していました
おまけにその上に、カプラーケースが基盤の回路を抑え込んでいましたので、右列の2.3.4番目が接触していたことになるのです
ですから、車輪の集電線と、黄色線がショートして、しまっていたのです
常時完全にショートしていたようにはないのです
私が、カプラーの曲がりを修正し、エアーホースの曲がり方を修正し、ネジをきちんと止めたら起こったようなのです
ですから、カプラーを増し締めしてからのち、試運転しているわけがありません
もう、箱に入れていたのです

チョビモレなのだ

アナログで使っていたら、ほとんど影響の出ない(判らない)ショートでした
変調波制御をしている、DCCで起きた事件です
皆さん、他人の配線を信用したらダメです




事故が二つ重なっていたので、床下の基盤回路は、集電と、モーター出力だけ使う事として
ファンクション線、白、黄、青線は、独立させることとしました



リード接点は撤去



直接配線に変更しました

デコーダー二台をパーにしてしまいました

施主さん、申し訳ありませんでした ⇒ 今回サービス満載です

音源は、モデルランド田中さんから、提供頂いた音源を使い、デコーダー2台は、私が弁償いたします

キハ58 ⇒ モデルランド田中製、キハ58用音源を使用
キハ55 ⇒ 2基エンジンなので、モデルランド田中製、キハ52用を使わせて頂きます

エンジン音は、DMH17 です

明日は、キハ55も完成予定です