IMON JNR キハ58 PW・非冷房 製作記録
新潟県 O様 キット製作・DCC化御依頼

2016/12/8 完成しました





奥が先行して製作した冷房車 
アキ キハ58 1532

手前、2台が今回製作の、非冷房車、盛
モリ キハ58 1503,1504 です

以下、モリ キハ58 1503 完成写真











以下、盛モリ キハ58 1504 完成写真













付属部品のφ3.0 LED球 アーバン色の球は少し暗いです
抵抗を減らして明るくしようとすると、球切れしそうなのです ⇒ もともとcd値が低いのでしょうネ



テールライトはちょうど良いようです



明るすぎたので後で暗くしました



設定 CV値

呼び出し番号は、キハ58 すべて、「58」に、設定しました

IMON キハ58 #1503 . . . #58 SDN136PS . .
ファンクションキー CV番号 . . . デコーダの電線色 . .
. . . デジタル入力線 .
電線ごとの数値 . . 前進 後進 01[01] 02[02] 04[04]
ライト . . 全室内灯 . ヘッドライト テールライト 室内灯
F0 前進 CV33 05 . . .
F0 後進 CV34 06 . . .
F1 CV35 0 . . . . .
F2 CV36 0 . . . . .
F3 CV37 0 . . . . .
. CV13 207 . . . . .
. . . . . . . .
IMON キハ58 #1504 . . . #58 DN136D . .
ファンクションキー CV番号 . . . デコーダの電線色 . .
. . . デジタル入力線 .
電線ごとの数値 . . 前進 後進 01[01] 02[02] 04[04]
ライト . . 全室内灯 . ヘッドライト テールライト 室内灯
F0 前進 CV33 06 . . .
F0 後進 CV34 05 . .
F1 CV35 0 . . . . .
F2 CV36 0 . . . .
F3 CV37 0 . . . . .
. CV13 207 . . . . .

連結試運転をしたら、付属部品のカプラーが結合出来ませんでした

因って、ヤスリで削って何とか繋げるようにはしておきましたが、繋ぎにくいようです

こんな事は初めてです

精密さを追求するあまり、精度に遊びがありませんね

設計やの私、現役時代は、如何に逃げ・遊びを持たせるかが重要として設計してきましたヨ

拝啓、井門 義博様

良く、部品に至るまで、検品をされたほうが宜しいかと存じます

では、次、キハ26に掛かります

------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

車輛、キットが届いています



IMON キハ58 パノラミックウインドウ・非冷房 2l輌DCC化改造項目
 キット組み立て・全塗装完成 (素組み完成仕様)
 SDN136PS (音源 モデルランド田中製キハ58用) 装着
 DN136D 装着
 ヘッドライト点灯仕様
 テールライト点灯仕様
 室内灯LED照明装着

大変精密なキットです ⇒ IMONさんの完成品は安すぎます
私の製作費を正規に頂いたのでは、完成品より高くついてしまいますので、
製作費を完成品に合わせて、低く抑えざるを得ませんでした

私は、一品作り、メーカーさんは、複数同時生産なのですから、、、、

2016/11/21 箱に組みました



なかなか大変です ⇒ プレスの形が悪いのか、変形が大きく、修正が大変なのです

正面、半田で修正盛り、何とか乗り切りました

2016/11/23 車体が組めました









またしても、ジグゾーパズルなのです ⇒ 組み立て説明書はありません

三面図と、部品表が有るだけです ⇒ やはり、部品図が無いと、どの袋に何が入っているのか判らないのです

11/22 の夜は、同窓会だったので、あまり進んでいません

明日は、床下に移ります

2016/11/24 床下・電気配線が出来ました



中間連結の為、ヘッドライト、テールライトをOFFにさせるため、スライドスイッチを取り付けるようになっていますが、
黄色線のピンにつながっています ⇒ これでは、テールライト(通常ファンクション配線)しかOFFになりません
で、黄色線と、青線を入れ替えました ⇒ 他者が配線をやり替える場合、危険ですが、、、、、要注意ですよ

でも、これで、スライドスイッチをOFFにすれば、中間連結で、両ライトを点かなくすることができます
ファンクションの設定で、ライトのファンクションを変えてもよいのですが、他の連結車輌の呼び出し番号と区別がつかないと
面倒なだけとなりますので、ここは、スライドスイッチを採用しておきます

スライドスイッチは、青線、プラスコモンを使用しています

前回、前所有者の配線加工ミスを知らずに、デコーダーを2個、パーにしてしまいましたので、

注意しながら、配線を完了しました ⇒ よっさんの格言、「他人の配線を絶対に信用しない」ことです

手痛い目にあいますヨ







運転席の間仕切りに装着する配線基板を改造します
右端にターミナルが3個あります ⇒ 上から黄色、青、白線の順ですが、変更しましたので、青、黄色、白線の順にします
改造の為、プリント上の線をカッターナイフで、切り取ります



青線に1KΩの抵抗を入れました



しかし、点灯試験の結果、赤のLEDが光りすぎましたので、1.5KΩの抵抗を追加して、ヘッドライトとテールライトの抵抗を分離しました

明日は、台車を組んで、もう一台のキハ58の組み立てに掛かります

2016/11/25 台車が結構手間を食いました



台車枠が半田付け部品が多く大変ですよ



間仕切りを半田で補強しておきました

では、もう一台に移ります ⇒ 勘どころを掴みましたのでネ 早いですよ

2016/11/27 車体が出来ました





このお面は、屋根と合わなかった ⇒ 半田大量盛りです



何とか合いましたが、大変でした KSモデルさんでもこんな事は無いですよ
肩の丸め方も修正不能、何とか誤魔化しました

明日は、下回りに移ります

2016/11/29 13:08 排障器の部品が間違っていました

IMONさん、お手数ですが、至急、交換品をお送りください



2個とも、右用です ⇒ 左用を手配下さい

2016/11/29 14:45 IMONさんより連絡がありました ⇒ 手配頂けました

手配先より、IMONさん店頭に代替え品が届き次第、郵送にて、当方に「左用1個」、発送頂けるとのことでした


明日届くとは判断出来ませんでしたので、先に進める作業がなくなった場合は、
作業を中断いたします  悪しからず !!


2016/11/29 台車を除き塗装に移ります



IMONさんから排障器が送られてくるのが郵送なので、早くて週末でしょう

待ってられないので、塗装に移ります

2016/11/30 何と、部品が届きました

IMON さんより、翌日、ちゃんと届きました



郵送 ⇒ 定型外、速達でした 東京→岡山は、翌日配達だったのです

封筒の中身は、排障器左用、一品のみ 文面もありませんでしたが、届きました
さすがは、IMONさんでした




ちゃんと、半田付けして完了、塗装に間に合いました

これで、やる気が出ました
たったこんなことで、やる気が起こるのですよ


2016/12/2 塗装が出来ました



マスキングを外しました ⇒ 装着部品が多く、結構大変でした
色は、もう一台のキハ58 1532 と合わせました
補修ペイントに移ります



明日は、補修が終わったら、デカールを作成、装着します

2016/12/3 筆刺してデカールを貼りました



キハ58 1503,1504 にしました
アキ・盛モリ 管内に居た非冷房車です
同時に同じ転区をしていた 2輌なので、多分、ペアを組んでいたと思われます





わざとUPにしてみました ⇒ 手すりが曲がっていました

明日は、艤装に入ります

2016/12/5 またしても、IMONさん、部品の誤入です

私は、祟られているのでしようか?


動力部分を組み立てていましたら、エンドーのユニバーサルジョイント部品がミスッていたのでした



右がモーター側なのですが、右から2番目の部品にボールが付いていません

因って、接合不能です



本来、下の、ボールが付いているジョイントが付いているはずですが、、、、違っているのでした
このボールが付いているのは、もう一台に付いていた、正規の部品なのです
対比の為に撮影しました



上の写真のボールの付いている部品を早急に送って下さい

拝啓、井門 義博様

今回、一製作で、2個の部品の誤入は、極めて珍しい出来事で、IMONさんも十分に反省頂いて、
きちんと文面で謝罪頂きたいものです


2016/12/8 下回りが完成しました

IMON さんより、ジョイントが明日届く予定です
私の手持ち車輛のジョイントを一時使用して、下回りを完成させました




後、窓ガラスを入れれば、組み立てて完成です



DN136D も搭載、試運転を済ませました

下周りの基盤に半田付けするには要注意です
ペーストの選定、IC基盤用を使わないと、電流がチョビ漏れして、ショート、DCでは、問題無く動作するのですが、、、
デコーダーを積んで運転すると、認識しなくなって、動作不良となります

丁寧に、テスターで、ショートを探していくと、ペーストが原因と判りました
シンナーで洗浄、解決をいたしました ⇒ アドレスの変更すら出来なかったのです
音は、すれども、モーターが回らなかったり、、、、で、大変でした

1503号機、1504号機共に、アドレスは、1503 にしておきました



SDN136PSも旨く搭載出来ました

スピーカーは、奮発して、ZIMO のキュービックを搭載しました



室内灯は、テープLED 白色を使用



点灯試験です



試験走行の結果、走行不良の原因を発見

何と、バックゲージが大きすぎて、カーブで走行不良を起こしていました

付随台車、2台分に於いて、4軸中、2個において、写真のように車軸と、車輪に隙間が出来ていました
もう一つは、この写真の隙間より、もう少し大きいものでした

車重が軽いので、ちょっとした走行抵抗で、動力車輪がスリップするのです

新品で、バックゲージが明らかに隙間が出来ていたという事は

指で、仮留めした後、圧力をかけて締めていないという事です


今回のキット、部品の誤入が2件、バックゲージの未調整

IMONさん反省が必要です

前回、96を組みましたが、M1.4のネジが思いっきり足りなかった事も踏まえ、
組み立て前に部品の数量をチェックする必要があると思いました
そのためには、部品名と照らし合わせる部品図が必要です ⇒ 組み立てがジグソーパズルなのですよ

明日は、窓を入れて完成予定です