KSモデル JNR 183系 1000番台 大窓 製作記録
新潟県 O様 御製作依頼

2015/1/25 完成しました



モハ182-1000
車番は、1002としました
車高調節の為に、車輪を履かせています

日光のセンターピンにエンドウの台車を支給されましたので、マクラバリセンターピン穴、ボルスター高さを加工しています
ボルスター高さ、0.5mm切削
センターピン穴 M2.0 ⇒ 2.5キリ

左端、窓枠に塗装のバリ発見 後で、修正しておきました



渡り板は、一般型を加工して取り付けています





モハ183-1000
車番は、1002としました




日光のセンターピンにエンドウの台車を支給されましたので、マクラバリセンターピン穴、ボルスター高さを加工しています
ボルスター高さ、0.5mm切削
センターピン穴 M2.0 ⇒ 2.5キリ

としていますので、動力化する場合は、改造が必要てず
今回は、T車でとの事ですので、T車としての台車にしています




サロ183-1000

車番は、同一編成に含まれていたか定かではありませんが、一応、アコモ改造された車番にしておきました
グリーン車マークは、自作デカール装着




日光のセンターピンにエンドウの台車を支給されましたので、マクラバリセンターピン穴、ボルスター高さを加工しています
ボルスター高さ、1.0mm切削
センターピン穴 M2.0 ⇒ 2.5キリ


床下機器は、後日、KSモデルより発売されるとの事、発売待ちですね
今回の製作依頼は、ここまでの契約となっていますので、一応完成引渡しとなります

可愛がってやってください


------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

昨年末、キット、取り付け部品が届いています



モハ182-1000



モハ183-1000



サロ183-1000

残念ながら、箱の隅が切れています



台車



センターピン



ACEカプラー



パンタ廻り



妻面ダクト 屋上機器 (避雷器、ヒューズ箱)



床下機器取り付け板



説明書 ⇒ 頼りない限りです



部品表

以下、検品表

※サロの客ドアが、部品表記載数は、4でしたが、入り数は、2でした
これは、メーカーの記載ミスです 2で可なのです

O様持込分部品検査表
モハ182-1000 大窓 ボディ本体 . . 1
. 屋根上板 . . 1
. サボ受け . 4
. . . 4
. ビス . . 6
. . . . .
. 客ドア . . 4
. 妻板 . . 2
. パンタ ランボード . 2
. . . 2
. . . . .
. クーラー ランボード セット . 2
. 点検蓋 . 4
. ダクト . . 2
. . . 2
. 縦樋 . . 4
. ベンチレーター . . 6
. クーラー . . 0
. 床板 . . 1
. アングル 各1 . 各1
. 雨樋 . . 2
. . . . .
別途他社部品到着分 台車DT32 DT32 エンドウ #5007 1
. センターピン 金属板用 日光モデル 1
. ACE カプラー 黒 2個セット KTM #83-00105 1
. クーラー AU-71A エンドウ #2320 1
. パンタグラフ PS16J銀 IMON PA1015 2
. パンタ碍子台 . エコーモデル #614 1
. 碍子・ビス 2基分入り エンドウ #2010-1 1
. 避雷器 B 2個入り エコーモデル #1637 1
. 屋上ヒューズ箱 A 4個入り エコーモデル #1681 1
. MM用ダクト初期型 ※485系用 エンドウ #2524 1
. 床下器具取り付け板 2個入り KS #805 1
. . . . .
モハ183-1000 大窓 ボディ本体 . . 1
. 屋根上板 . . 0
. サボ受け . 4
. . . 4
. ビス . . 6
. . . . .
. 客ドア . . 4
. 妻板 . . 2
. パンタ ランボード . 0
. . . 0
. . . . 0
. クーラー ランボード セット . 0
. 点検蓋 . 4
. ダクト . . 2
. . . 2
. 縦樋 . . 4
. ベンチレーター . . 6
. クーラー . . 5
. 床板 . . 1
. アングル 各1 . 1
. 雨樋 . . 2
. . . . .
別途他社部品到着分 台車DT32 DT32 エンドウ #5007 1
. センターピン 金属板用 日光モデル 1
. ACE カプラー 黒 2個セット KTM #83-00105 1
. パンタグラフ PS16 . .
. パンタ碍子台 . . .
. 碍子・ビス セット . .
. 避雷器 B . .
. 屋上ヒューズ管 . . .
. MM用ダクト初期型 ※485系用 . .
. 床下器具取り付け板 2個入り KS #805 1
. . . . .
サロ183-1000 大窓 ボディ本体 . . 1
. 屋根上板 . . 0
. サボ受け . 4
. . . 4
. ビス . . 6
. . . . .
. 客ドア . . 2
. 妻板 . . 2
. パンタ ランボード . 0
. . . 0
. . . . 0
. クーラー ランボード セット . 0
. 点検蓋 . 4
. ダクト . . 2
. . . 2
. 縦樋 . . 4
. ベンチレーター . . 6
. クーラー . . 5
. 床板 . . 1
. アングル 各1 . 1
. 雨樋 . . 2
. . . . .
別途他社部品到着分 台車DT32 TR69 エンドウ #5110 1
. センターピン 金属板用 日光モデル 1
. ACE カプラー 黒 2個セット KTM #83-00105 1
. パンタグラフ PS16 . .
. パンタ碍子台 . . .
. 碍子・ビス セット . .
. 避雷器 B . .
. 屋上ヒューズ管 . . .
. MM用ダクト初期型 ※485系用 . .
. 床下器具取り付け板 2個入り KS #805 1 1個余り

以上の物、届いています

間違い有りませんでしょうか?

特別にお申し出の無い限り、上記の物を装着し、組み上げます

屋上配管 組み立て説明書、図面資料が有りませんので、ざっとした配管となります 無償
ジャンパー栓等
  床下
配管
床下の配管は省略します -
ジャンパー栓受け、引き通し管等、装着ご希望の場合
別途部品をご用達、お願いします
要工賃
窓ガラス 透明又は、KTM のグリーン (#27-00107) 装着 無償
他の色をご希望の場合は、別途部品手配を、お手配をお願いします -
表記文字 デカール製作、装着の場合、別途デカール製作費用が掛かります 要工賃
インレタ持込みの場合 塗装時装着 無償

2015/1/6 モハ、箱に組みました






床板は、3.34mmで一応組み上げています
床下機器がメーカーから別売されたとき、M車の設定の場合を考慮にいれています
又、動力化の際、深さが足らない場合を踏まえ、M車設定です
T車にする場合、ボルスターに0.5mm スペーサーをかませます


2015/1/9 雨樋が出来ました



モハ 182-1000



モハ 183-1000



サロ 183-1000



この雨樋が結構な難所なのです ⇒ フツーに綺麗に出来ていないと次に進めません

附属部品は、φ0.7の真鍮線でした

0.7 x 0.4t の帯板を使い綺麗に半田付けしました

※ 縦樋は、附属部品を使用

明日から、艤装に掛かります

2015/1/11 札挿し、点検蓋を取り付けました



3輌取り付けましたが、結構な手間が掛かりました



点検蓋も取り付けました

妻面を作ろうとしましたが、MM用ダクトが、1輌分しか送付されてなく、しかも、485系用でしたので
183系用、MM用ダクトを2輌分注文しました

ついででもあり、貧相な妻面を克服すべく、追加部品も発注しました

追加部品 . . .
部品名 . 部品番号 数量 単価 金額
 屋上配管止め(1列・2列)0.6φ用 . . 1 1,527 1,527
 屋上配管止め(2列) 0.4φ用 . . 1 1,527 1,527
 屋上配管止め(1列) 0.4φ用 . . 1 1,527 1,527
. . . . . .
 ホロ I 183/485系 2538 2 486 972
 アンチローリングダンパーB . 2612 3 432 ,1,296
 客車用貫通渡り板 一般型用 1711 2 270 540
 貫通ドア 洋白 Hゴム付 801 2 270 540
 キヤンパス止 485・183系 815 2 216 432
 MM用ダクトB 183系他 2525 2 432 864
 送料 . . 1 772 772
. . . . . .
 合計金額 . . . . 9,997

部品が届くまで、屋上機器の装着をいたします


2015/1/13 屋上機器、配管図をCADで作成しました



屋根に穴あけする前に、装着する、他社部品の寸法を測り、図面にしました

これで、安心して、穴あけが出来ます

2015/1/15 キャンバス止め、貫通ドアを装着しました





モハ182 ランボード、屋上機器、蓋をとりつけ、配管ベース用の穴を開けました

明日から、いよいよ、配管です

2015/1/17 クーラー、クーラーランボード、φ0.6 の配管をしました



クーラーランボードの装着は、難しいです
早い、機番で、との事でしたので、カバー無しのランボードにしました
上に一枚、洋白板を貼り付けました
クーラーが、ホワイトメタルなので、ランボードの足を屋根に穴あけ、丈夫に半田付けしました

クーラー自体は、低温半田で取り付け

何と、クーラーが歪んでいましたので、屋根に添わすのに一苦労しました
こんな仕事で、一日以上かかってしまいました TOMIXのクーラーの方が良かったかも、、、!!

引き続き、φ0.4 の配管をします

2015/1/19 生地車体が出来ました



モハ182-1000 全て半田付けしました

ざっとですが、パンタ鍵外しも表現しました





トイレ側です

パンタ台も半田付けしておきました

幌、渡り板は、塗装後接着剤で装着します



幌をちょっとはめてみました








モハ183-1000





サロ183-1000





ベンチレーター、クーラーの屋根裏側もきちんと低温半田で半田付けしています

いよいよ、明日から、塗装に移ります ⇒ 予定より一日遅れなのです


2015/1/22 車体の塗装をしました



モハ182-1000
クリーム4号は、白と黄色を増量しています



モハ183-1000



サロ183-1000

明日は、筆挿し補修、デカール作りを行います