KSモデル JNR クモニ 83 815 製作記録
新潟県 O様 製作御依頼

2016/10/7 完成しました










簡単そうな車輛と思っていたら、とんでもなかった

10日以上かかってしまった

試運転は、午後します

疲れましたので、土日はお休みします

-----------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

キット、部品が届いています



2016/9/26 箱に組みました



箱に組めましたので、エンドウのMPギヤ動力ユニットを嵌めこんで見ました



アングルの端、やはり、テールライトのケースに当たります、と、言うか全くKSさん、考慮していないのだ !!
で、当然、カットして、半田付けしました



アングルの位置は、指定、2.5mmです

エンドウの床板は、厚みが1.0t なので、KSの床板厚、0.8t より 0.2mm 深くすれば良いはずです

何かあったら悲劇なので、スペーサーで、調節覚悟の3.0mmでアングルを半田付けしました

が、何と、荷物室ドアの戸袋、が、出っ張っています ⇒ エンドウの床板を切除する羽目になるかも、、、、

で、まずは、嵌めてみました



戸袋に当たってしまいますので、結局の処、2.5mmで、アングルを固定したのと同じ位置です

何かそんなにおかしい位置ではアーリマセンよ



少し、低い位かなぁ、

KSの床板に日光モデルの台車をはかせて、床板の位置を比較してみました
0,2mm程、エンドウが低い位です ⇒ 計算と違いますね、2.5mmどころか、2.3mm位でも良かったのかな???
ヨーワカラン、車輪もφ11.5 で、0.5mm 床面が高くなると読んで半田付けしたのですが、
このエンドウのDT13仕様のボルスターは、低く作ってあるのかな?

と、なると、最低、0.5t のスペーサーを噛ます事になります

まっ、やってから調節します

明日は、雨樋から始めます

2016/9/28 床下、最悪!!



雨樋を取り付けました

荷物室扉の保護棒、サッシの取付を考えていて、ふと、乗務員扉のサッシが5個しかないのに気付きました

欠品ッ〜ん!! やっとられん 車体はやめた     と、床下を進めようっと



床下のアングル位置は、やはり、3.0mm だと思います

スペーサーを0.5mm 入れてやったてみたのですが、床下機器取付板が0.5mm出っ張ってしまいます

で、スペーサーを取っ払いました



で、床板を戸袋の出っ張り0.5mmをかわすためにカットするか悩みましたが、削る事としました

丁寧に削りまして装着しました



手持ちの床下機器取付板をCN22の大きさを避けて、カットしました

何と、台車枠が、床下機器取付板に当たるのです

何と、CN-22用の取付板、「5502 床下器具取付板 EN−22 」があるのだ

部品を取り寄せないと進められなくなった

因って部品が届くまで、他の事をします

2016/9/30 荷物室扉の保護棒を作りました



この保護棒が無きゃ様になりません
何で、ドアごとエッチング処理をしないのでしょうか
私には理解できマせん ⇒ T字形のエッチングパーツを付けてくれるだけでうんと助かります



こんなんつくるのに、一日を費やしてしまいます
部品待ちでもしてなきゃパスですよ

明日からは、手摺りの穴開け作業に移ります
バカにならない数です
おっと忘れていました、側面ステップも二か所作らないと 何で二か所なの?


2016/10/1 お面が出来ました



側面ステップを取り付け、お面を作りました

テールライト上のステップは、さきに取り付けて裏を削って平らにしないとテールライトケースが
ちゃんと取り付きません



やはり、床板がテールライトケースに当たります
床板の角ををカットしなけれはなりません ⇒ 何時までこんなケースを部品として入れ続けるのですか???
KSさん、世の中、極少LEDの時代ですよ!!!

明日は、手すりの穴を開けて、屋根に移ります

2016/10/2 屋上がほぼ出来ました



明日午後、IMONさんから、部品が届きます
信号炎管も取り付けます

この配管は、正確ではありません 本物の写真がWEB上で見つからないのです
で、大体の推測で作りました ⇒ マネして違ったなんて言わないでください

あまり突き詰めると模型作りは進みません ⇒ 大体、雰囲気が出れはそれで良しとすることもあります

明日は、床下に移ります


2016/10/4 生地車体が出来ました



あっ、信号炎管忘れていました 後で付けます



エンドウの床下、とても良いのですが、KS、フジモデルに取り付けるには、少々手間が掛かりますね



ジャンパー線受け、胴受け、スノープローを着けました
胴受けは、エースカプラーに着けるには、少し丈が足りません
少し浮いています ⇒ 実際はこんなには隙間はありません
まだ、床板を車体にネジ留めしていなかったので、床板が反っていいて、隙間が大きいのです

で、ここまでとします ⇒ 前部の配管して、コックを3個付けると、クモニとしては映えるのですが、、、

昨日夜に戻ります



半田付けで、胴受けを取り付けるために、2.0mm高の足場(かさ上げ)を付けたのですが、足が届きません
エースカプラーに直接接着剤で取り付けました



1.0t プラ板をスノープローの高さ調節にスペーサーを貼りつけました



電気機関車用のスノープローを加工して、利用します
ステップは撤去、ステーは、カットしました



高さ調節用に1.0tのプラ板を貼り付けました



取り付けるとこのようになります



なんと、ジャンパー栓を取り付けようとしたら、高さが合わず、アシバを撤去する羽目になりました

と、まぁ、こんなで、高さ調節に明け暮れました

明日から、塗装に掛かります

2016/10/4 塗装に掛かりました

10/5 塗り分けの位置を確認する為、実車の写真を見ていたら、4位側にも、ホイッスルカバーと、信号炎管が
付いているのがうっすらと見えてしまいました
で、10/5 の午前2時に取り付けしました トホホ、今回はドジリが多いよ ! マスキングは、夜が明けてのココロー

ゲッ 主抵抗器の位置が反対でーす ⇒ クモハ73形の配置例があったので、参考にしたら、ペケでした
クモニ83 815 大
ミハの実車写真からすると、、、、、今までの仮組みの写真、全て反対でした
しかし、左右、入れかえて組めば、まっ、良いか、、、、



スカ色を塗りました

下地を兼ねて、全体均一に塗っています



室内用に淡緑色を吹いています



エンドウの動力ユニットもバラして黒に塗装し直しました

錘も綺麗に吹いて処理をしています

明日は、塗装完成と行きたいものです

2016/10/5 塗装が出来ました



デカールを製作して、トップコートをかけました

施主さんから、支給されているパンタグラフがPS-13なので、考えた挙句、西
ミツ時代としました
実車写真から見ると、既に西ミツ時代には、PS-23 の一基パンタになっているのです
同僚のクモニ83 817 が1970年にPS-13一基パンタの写真がありました
因って、'70頃 815号機もPS-13 を装着していたと、時代設定を仮にして 大井工 西
ミツ 設定としました

パンタは、実車写真のある、PS-23 が妥当ですね





正面窓の窓枠が表現されていないので、筆刺しが面倒です
この頃のキットなら、表現をしておいて欲しいものです
気に入らない方は、妻板に窓枠を半田付けする前に、真鍮線で、表現をしておいた方が良いですよ

KSモデルさん、フジモデルさんは低価格が御馳走なので、それなりの表現で済ませる事です

明日は、艤装に入ります