珊瑚模型店 1/87 JNR C62 18 下がりつばめ 製作記録
新潟県 O様 御製作依頼

2017/3/27 YOU TUBE にUPしました



モーターが非力なので、カーブで力を取られます

2017/3/26 完成しました



ヘッドライト点灯、LED1608 電球色

「下がりツバメ」 マークを作りました



窓ガラス、四苦八苦して、やっとの思いで取り付ける事が出来ました



カプラーは、IMON カプラーを装着しました









ほんと、このメーカーの部品、精度が悪く、これら、プレートの枠ですら、
ヤスリで一点一点削って仕上げなくてはなりませんでした



赤ナンバーに変更、一枚一枚も外寸をヤスリで仕上げました ⇒ 大変な作業でしたヨ

明日は、YOU TUBE にUPします

------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

キットが届いています



珊瑚模型店製、1/87 12mm ゲージ、山陽形 C62 です

ここは、C62、花形時代の「下がりつばめ」で製作します

2017/3/6 着工しました



今日は、手慣らしです
火室、ブレーキ廻りを組みました
この車輛の組み立て説明書も良く解りません
位置決めがはっきりしないので、仮付け仮付けで他の取りあい部品との収まりを確認しながらの作業となりした



明日は、シリンダー、モーションプレートを作ります


2017/3/8 やっと、ロッド廻り組めました



最近、12mm をIMONさん、乗工社さんと組みましたが、この珊瑚模型店製、一番組みにくいのです

組み立て説明書、不親切 ⇒ おまけに精度が悪い、プレスの型が悪い

ほんとに、修正しながらの組み立てです ⇒ ほんまにベースキットやでぇ〜

シリンダーがやっと組めたかと、ロッド廻りに移ったとたんにガックリ
スライドバーにクロスヘッドが、入らない
クロスヘッドもヤスリ、スライドバーも削りまくりだったのです

ロッド廻りの調整に6時間掛かってしまいました

明日は、モーターを積んで見ますが、
しばらく、空運転で、スライドバーと、クロスヘッドの慣らしします


2017/3/9 下廻り動力が出来ました

珊瑚模型店さんのこのベースキット、ほんとに精度がありません
ロストの部品が、出鱈目なのです
また、メーカーにて、半田付けしてあるものも信頼はありません ⇒ なまじしてもらってない方がマシです







慣らしをして、まずまずの回転が出来だしました 3時間ほど回しました

3/8 夜に戻ります



先台車に排障器を取り付けようとしたら、、、、
メーカーにて、半田付け済みなのですが、左右の軸受け板がずれているのです

下側の板が左にずっているでしょう
これでは、排障器が斜めに付いてしまいます
で、半田し直ししました



従台車の台枠ですが、左のネジ穴、左上の肩に段差が有るでしょう ⇒ これの上に真鍮板、内板が乗っかってしまうのです
ですから、まともにネジを締めたら、台枠が傾いてしまうのです

因って、段差を削り飛ばしました こんなんでも、一々手間取るのです

ほんと、怠慢なメーカーさんダ



従台車、これまた、ロストが、歪んでいて、車輪が台枠に当たり、ショートしてしまうのです

ですから、リューターで台枠の内側を削って、当たらなくしました
また、歪みを修正、水平、垂直を正しました

厄介なキットです ⇒ 部品を全て、ちゃんと、組めるのか当たらなくてはなりません
組み立てに倍の時間がかかります


明日は、テンダーに掛かります

2017/3/11 テンダー上廻りがやっと出来ました







はんとに部品の精度が悪いのです 一々。ヤスリで修正です
おまけに組み立て説明書が、不親切と言うか、ウソまであるので、疑心暗鬼です



14-20 なんて形の部品なんてさがしても無かったのです
右側半分だけのような部品がありましたので、取り付けようとしたのですが、、、、
これまた、寸法デタラメの曲げが実にいい加減なのです ⇒修正しまくりです



妻面、結構細かな抜き部品が有るのですが、、、大変なのです

でも、ATS 車上子、暖房ホース、重油タンクはありません ⇒ 注文しなければとりつける事は出来ません
又、このテンダー、上蓋も半田付けですから、組み立てたら、中は開けられません
後で、DCC化したいなんて、言ったら、出来ませんよ!!!

載せるだけにしましょうか? ヤスリがけして、寸法的には、キッチリにしているのでね脱落はしません

ただ、開けたり、取り付けたりを何回もすると、塗装は禿げてくるでしょうね

明日も、テンダーを組み立てます

2017/3/12 走らせてみました



結局、上蓋は、載せるだけにしました 釣り環は、上蓋に取りけました



台車を組み、試運転です





スローもまずまず効きます

明後日は、重油タンクを自作しますので、この後、CADで図面を書きます

で、明日、日曜日は製作お休みとします 疲れたのです

2017/3/12 重油タンクだけ作ってしまいました

今日、休むつもりでしたが、、、、、



手持ちの残材と、t=0.3,t=0.5の真鍮板、φ0.3 真鍮線を使用、自作重油タンクを作りました
釣り環、ハッチは、少し形状が違うかもしれません 残材ですからね

石炭枠、手すりは、ハッキリした資料が見つかりませんでしたので、取り付けしていません
蛇足は苦手なのです



3/11 夜に戻ります



1/87 で、図面を作りました



真鍮板から、切り出して、タンクを箱にくみました
で、φ0.3の真鍮線をリベットとして、植え込みました



古い天賞堂のC62 18 のテンダー(1/80)を参考にしての、1/87 寸、出来上がりです

明日は、半ドンとします ⇒ 気力が出たら、ボイラーに移ります

2017/3/13 ボイラーに掛かりました



ドーム、バックプレート、煙室戸を取り付けました



ドームを取り付け、砂撒き管を取り付けました



煙室戸は開閉式です ⇒ Φ0.3の燐青銅線で、蝶つがいを作っています



こんな感じになります



煙室戸を煙室に取り付けるのに、M1.4のネジ留めに改造しました ⇒ 寸法が甘く、スポスポなので仕方なしです



バックプレートを半田付けしました

位置決めの切り欠きがないので、水平を出すのに四苦八苦でした
どのロスト部材も小さめになっています

引けを勘定に入れて設計されてないのです

明日も引き続き、ボイラーを作ります


2017/3/15 空気作用管を自作装着しました



真鍮帯板から、台座を作って、φ0.25の燐青銅線を使い空気作用管を作りました
ドーム廻りの配管を済ますので、塗装後装着はせず、半田付けをしています



デフ後ろの処理もちゃんと曲げました、ただ、ジョイント(0.3x0.5 細密パイプ)は省略です



キャブ前もきちんと表現しました



ドーム廻り、砂撒き管までを配管しています

こんなものを取り付けるのに、たっぷり一日以上かかりました
何しろ、野球が面白すぎて、ついつい、テレビをみてしまいました

明日からは、少しペースが上がります
今週中には、生地車体完成としたいのです


2017/3/16 後、ハンドレールのみ





ATS 発電機も取り付けました

ハンドレールの後方、2箇所、穴を塞ぎました ⇒ ハンドレールが、18号機ツバメは少し短いのです

明日は、ハンドレールノブを取り付けたら、ランボードに掛かります

2017/3/17 ランボードを取り付けました





明日は、フロントデッキ廻り、を組み立てます

2017/3/18 何とかフロントデッキが出来ました





このキット、大変です

寸法がどうも違うのです ⇒ 端梁が良い位置で半田付け出来なかったのです

また、端梁の両サイド、切り欠き状態に表現出来ていないのです

兎に角、半田付け後のデッキ裏打ち材を以下の様に切断しました



端梁の半田付け代を作りました
ついでに、切り欠き部も表現します



デッキ部の完成時の写真ですが、大変でした ⇒ 旨く寸法が合わないのです
こんなんで、ほぼ一日費やしました



裏から見た写真です



コンプレッサーがランボードに当たります

どうも、ランボードが2mm程長いようです



コンプレッサーをずらして半田付けしました



空気作用管もランボードに合わせて伸ばします



加工して、ランボードと合わせました

私が、へたくそなのか、メーカーがボロメーカーなのか
こんなに精度の出てないキットを解っていたら、私なら買わないね
治具さえ信用出来ないと思い始めました

明日は、キャビンを作ります で、ないと、ランボート゜が怖くて固定出来ません

2017/3/19 キャビンを作りました



何とか、入りました 火室がボディと下廻りの嵌め合いがきちきちなのです



ランボードも固定しました



キャビンが固定ですから、内装の塗り分け、筆刺しは難しいでしょう

下廻りを嵌めてみました ⇒ 若干の調整が必要と思いますが、まずは入りました

明日から、パイピングに掛かります

2017/3/21 キャブ下の道具に参りました

ボイラー上部は比較的楽にパイピングできたのですが、、、
キャブ下の機器と接続するパイピングに手間取りました ⇒かたっぱしから、熱で半田が外れたり、ずれたりなのです



オイルポンプ箱は、18号機、ランボード下、両側にあるので、真鍮板で自作しました





:ゲッ、ロッドが外れていました

明日は、コンプレッサー廻り、冷却管を装着予定です
今週中に完成は難しくなってきました


2017/3/23 生地車体が完成しました














作った冷却管ですが、キサゲが足りませんね 後で、綺麗にします



そう言えばまだ、水洗いしていなかった

試運転の結果、バックプレートで、モーター端子がショートしていました ⇒ 薄いプラ板でも貼って置きますか

ドローバーの掛かりが浅く、テンダーとの隙間が少ない、
合わせて、石炭の取りだし口が、キャブ後ろ妻面と、接触(ショート)しそうです
ここは、ドローバーを変形させて対応するしか無いようですよ

最終仕上げを済ませたら、塗装に移ります

2017/3/24 塗装しました



キャビン内装、淡緑色に塗ったのですが、バックプレートに黒を吹いたとたんに
せっかく塗った淡力色が目立たなくなってしまいました ⇒ 天井が見苦しくなったので、黒を吹いてしまいました
因って、内装の塗り分けは無です

それより、キャビン正面の窓ガラスが入りそうにありません ⇒ 正面が入らなければ、全てガラスは入れません

取り説にも、ヘッドライトレンズを入れて完成とは書いてありますが、
ガラスを入れてとは書いてありません ⇒ せめて、キャビンが床とネジ留めになって居ればねぇ

床が邪魔でどうにもこうにも無理できませんね

シリンダーのスライドバー、動きを良くする為にコンパウンドで磨きましたので、メッキが取れてしまいました
で、スズメッキをかけ直しました

空気作用管は、タミヤのコパーを筆刺ししました、銅の粒子が粗いのでざらざらしているような管となりました

明日は、下がりツバメのデカールを製作します