AKANE SP AC-12 CAB FORWARD 4-8-8-2 DCC化記録

2015/7/28 完成しました



試運転、DAYLIGHT の客車、11輌牽引させて見ました

R750で、車輪がスリップ ⇒ 9輌引っ張るのがやっとです
と、言うことは、車重が軽い訳よ モーターを強くしても無理ですね ⇒ アキラメタ
それと、空で、走るとチャフ音は合っているのですが、、、
牽引させると、音だけ早くなって、車輪が遅く回っています
やはり、完全同期を取るにはCV133と、CV134 では、無理ですね

ここまでのココロ〜







ナンバーボード、左がちょっと曲がっていますね ⇒ 後で直します、肉眼で見ると大丈夫だったのですが、、、



SDN136PS を装着しました 出力は、データーからすると、同じなんです
ホントかどうか判りませんが、信じてみます

20 x 40 mm の1W スピーカー を着けました、ちゃんと大きい音がします

ただ、コンデンサーが小さいですね ⇒ 多分、ちょっとした、接触不良で、デコーダーが止まりますよ

入れる場所に余裕が出れば、SDHと同じ、330μFの大きいコンデンサーを付けてみます



笑ってやって下さい ⇒ ヤフオクで仕入れた、CANON LN18 のモーター 詐欺だった

何か、消費電力が、200mAまで行かないなと思いながら、換装を完了したのですが、、、、

フルスロットルで、走らせて見たら、それでも、200mA を超えなかった

LN18のデーターを見て、あっと驚くタメゴローなのだ

軸径は、本物は、φ2.0 このニセ物は、φ1.5

モーターケースの長さ、本物は、37.4mm このニセ物は、約27mm

何よりも、理解したのは、本物は、カタログを見たら、500mA食うと言う事だ

そのつもりで、落札したのですから、、、CN22じゃ非力なので、LN18をAC12に積もうと思っての事だよ

出品者が、「さいたま」の、Aモデルと言う模型やだったので、疑う事をしなかった、私がバカよ

みなさん、くれぐれも「モケイヤ」だって信じちゃダメダヨ
直径だけ計って、φ18の缶モーターだから、CANONのLN18ではアーリマセンよ

CN16 位の力しか出ていなかった 使い物にならん

で、マブチモーターに変えた訳よ
CN22より少し力がある位です

KTM のφ24 の缶モーターの方が力が有ります



で、こうなったのよ アホラシ



はい、デコーダーも積みました ヤケクソです 煙室の中は、使いませんでした

SDN136PSが余っていたので、どの位、耐えられるか、テストを兼ねて積んで見ました

で、兎に角出来たのです が、ほんとに、ニセ LN18 には、がっかりでした

完成です 音源は、CHALLENGER のを入れておきました

設定 CV値 ご参考に

SP AC12 #4277 . SDN163PS FL12 CV29=07 CV134=20 CV06=120 . .
ファンクションキー CV番号 . . . デコーダの電線色 . . .
. . . モーター線 .
電線ごとの数値 . . 前進 後進 01[01] 02[02] 04[04] 08[08]
ライト . . . . ヘッドライト ナンバーボード灯 室内灯 .
. . . . . . . . .
. . . . . . . . .
F0 前進 CV33 03 . . . .
F0 後進 CV34 02 . . . . .
F1 CV35 0 . . . . . .
F2 CV36 0 . . . . . .
F3 CV37 04 . . . . ● CV51=[A0] .

------------------------------------------------------------------------------------------------

DCC化記録

2012/4/9 レストア整備に入庫した時の写真です









全体に艶消しのクリヤーを吹いて、無事納品したのですが、、、、、

約一ヶ月後、何と、トップコートがメロメロになって剥離を始めていたのでした

で、整備のやり直しをする事にしました

2012/5/10 再入庫の時の状態



先の塗装との相性が悪かったのでしょう ⇒ 水性のクリヤーコートは要注意です

2012/5/11 分解、シンナー風呂から上がりました





動力廻りも分解整備、塗装のし直しです

2012/5/13 塗装が完了して、電装に入りました



豆球をφ3.0 LED球に変更します



KATOのNゲージ、EF57 の基板を利用して取り付けました



組み立てが出来て、試運転です

初めて、インクスケープを使ってデカールを製作しました
今から思えば、FONTも既成の物を使い、製作しました



車番を#4294から#4271に変更しました
唯単に、ゴロ合わせで、「死に」「急死」はげんが悪いので、死に無いにした訳です
笑ってやって下さい ⇒ #4294 は、AC-12 で、#4271 は、AC-11 なのでありました
その頃は、WEBの検索も下手だったのです



デカールの字体はさておき、全塗装し、完成したのです





煙室戸も塗り分けました




なかなかの出来なのですが、、、、









目出度く完成、納品したのでありました

が、、、、、、

2015/4/24 過去にレストアした車輌、私の所有となったのでした

前の所有者の方が、ヤフオクに、売りに出していたのを発見
早期終了して頂き、私が買い取ったのです


5/2 里帰りした車輌、試運転の様子



走行は全くの問題無しです 立派に再生します

2015/7/20 DCC化着工です





明日から、分解、上廻りのみ塗装を剥がして、全塗装します

デカール作りも、今の技量を発揮して、本来のAC-12 の車番 #4277 に変更、
他の詳細なデカールも表現しようと思います

DCCサウンドを積んで、モーターも入手した、コアレスモーター CANON LN18 を積みます

50年前の模型に、私の人生で得た技術を全てつぎ込みます ⇒ ご期待下さい

2015/7/21 塗装を剥がしました



塗装を剥がしたのですが、気になるところが出て来だしました
改良しながら、やり直します



早速、ボルスターが半田外れしましたので、床板も。半出し直して、塗装を剥がしました

銘板も塗装が取れたので、銘板のデカールを作り再生します



グリルの網の目が乱れていたので、修理します



エコーモデルのエッチングの網目に変更、半田付けしなおしました



煙室戸を以前半田付けしていましたので、半田を外し、脱着出来る様に改造します
20mm x 40mm のスピーカーをこの中に入れる為です



ステーを煙室戸に半田付け、ボイラー底板にM1.4 タップを切りました



まず、こんな感じで、O.K 牧場

明日は、塗装に入ります

2015/7/23 塗装が出来ました



デカールを製作してトップコートを掛けました ⇒ 多少艶有りにしています

私は、どちらかと言うと、展示機風に作るのが好きなのです ⇒ ツヤは後から何時でも落とせます



フロントも出来るだけ表現しました
ナンバーボードも点灯式にしようと思います



車番も書体を変えました 自作フォントです



メーカーズプレートも作りました



タンクの容量も記載しました



自作したデカール

明日は艤装に入ります

2015/7/25 テンダーが出来ました



φ3.0 LED 球 電球色です

配線をボイラーから引っ張ると、長い距離を配線しなくてはならないので、
KATO  FL12 をテンダーに入れました

こうすると、ボイラー側から引っ張ってくる線は、ボディアースの赤線のみで済みます
しかも、最短でネ

CV29=07 の逆転設定です



テンダーの電球を作りました ライトレンズは、φ5.0 をアクリル某から自作しました



左のチューブで包んだのが、LED 電球
FL12 と配線を済ませました



ボイラー側のデッキの下、ドローバーのところに、ピンソケットを半田付け
ここから、テンダーに配線をつなぎます



このように繋ぐと、ジャンパー栓のように見えるでしょう



ドローバーに接続してある配線を交換しました ⇒ 茶色だったのです
火室付近で、見えて目立ったのです で、黒に交換、古い線だったので、硬化ていました

と、言う事で、テンダー完成しました



お面、窓ガラスを入れ、カラーライトを入れました 緑です

明日は、ナンバーボード、ボイラー側の電装をします

2015/7/26 モーターを換装しました



モーターステーを自作、メッキを掛けておきました



コアレスモーター、LN-18 を装着

スラスト荷重を少しでも下げるため、エンドウのユニバーサルジョイントに交換しました



試運転、O.K牧場、150〜200mmA しか食いません

私の導光材の作り方を紹介します



ナンバーボードの光源を作成します

4 x 4 のアクリル角棒を切断、2個を瞬間接着剤で張り合わせ



φ3.0 の穴を開けました



φ3.0 LED球を差込、アクリル透明塗料で、接着



遮光にアルミテープを使います
ボードの地に白のプラ板をはりつけました



作成したデカールを貼り付け



通電テスト、O.K 牧場

明日は、いよいよDCCの装着に移ります

2015/10/27 走行デコーダーを分離、錘を追加しました



約150g の錘が追加できました ⇒ 私の手持ちで、最大重量です
PROTO の DL より、200g 程、重いのです
で、改造の中身は



スピーカーを煙室に入れ、まぁ、元々煙室に入れるつもりだったのです
私は、錘をタイヤのバランス用の錘を使っています 20g (20mm x 30mm)の物を貼り付けています
ホイール用ですから、テープも良くくっつきます

この錘の下に、SDN136PS が入っています



走行用デコーダーを分離、EM13を使っています
モーターに背負わせました

少し、チャフレートが変わりました
これで、完成とします

2015/10/24 ちょっと、DCC改造

モーターをCANON EN22 高速型に換装しました ⇒ スピードが出ないので、、、、
ただ、SDN136PS が持ちこたえるか心配です

試運転で、フルスロットルで、音が消えてしまいました
パワー不足、決定 ⇒ 音量をCV58=12 にしていたので、音量を落としました 
明日、牽引試験をして、走行用デコーダーを分離するか決定します

何分、力はあるのですが、500mA 消費しますので、、、

SP AC12 #4277 . SDN136PS CV133=70 CV134=29 CV58=09 EN22 高速 .
ファンクションキー CV番号 . . FL12 デコーダの電線色 . . .
. . . . .
電線ごとの数値 . . 前進 後進 01[01] 02[02] 04[04] 08[08]
ライト . . . ヘッドライト ヘッドライト ナンバーボード灯 室内灯 .
. . . . . . . .
. . . . . . . . .
F0 前進 CV33 03 . . . .
F0 後進 CV34 02 . . . . .
F1 CV35 0 . . . . . .
F2 CV36 0 . . . . . .
F3 CV37 04 . . . . ● CV51=[A0] .

2016/3/25 またまた、モーターを換装

マシマに換装、錘を撤去しました

SDH166D に変更