Balboa/KTM UP 5000 2-10-2 #5006 DCC化記録
DCC化

2016/3/7 動画を撮りました



カムコンタクトを使用しているので、CHUFFは完全同期です









2016/2/16 一日で、DCC化完成しました

2016/2/14 ヤフオクで、入手した、KTM UP 2-10-2 Santa Fe #5006
超美品でしたので、喜び勇んでDCC化してしまいました




ヘッドライト(ボイラー、テンダー共)を1.5V麦球からLED1608に変更、マーカーライトをカラーライト(緑)に交換しました



#5006 珍しい、オイルテンダー、6軸仕様なのです
COAL 仕様時代のテンダー外板姿は少し違うのですが、、、、
晩年、OIL仕様になって、形状も変わったと言うことにしておきますか







塗装はとても綺麗にされています ⇒ ほぼ、無傷、テンダーはしごが少し、塗装が剥がれていました
修正をいたしました



綺麗な塗装のはずです ⇒ ピノチオさんの銘板が貼られています
ピノチオさんの作ですね



キャビンも塗り分けられ、バックプレートも付いています



カンタムサウンドが取り付けられていましたので、撤去
CHUFF コンタクトと、スピーカーは使わせていただきました

因って、CHUFF音完全同期、スピーカーは、縦長のオイルテンダー用のスピーカーです

モーターは、CN22 を載せてあります

デコーダーは、SDH166D を搭載しました CV133=128です

音源は、自作、UP OVERLAND 用を使いました



ドローバーが真鍮板の地でしたので、ニッケルメッキをしました



デコーダーをテンダーに載せましたので、配線は6本、CHAFF信号線が入っていますヨ

今回から、接続ピンをハーフピッチ (1.27mm) に変更しました
今までは、2.54mmを使っていましたので、ずいぶんとコンパクトです

この車輛、試運転しましが、ショートしまくりチヨコですっ〜

車輪が綺麗なはずです、走れていないのだ !!

とか何とかブツブツ言いながら試運転をしていると、何と、ロッドピンが緩み、動輪が激しくロック

位相が狂って、回転しなくなりました

第2第3動輪が位相狂ってしまいました ⇒ 全分解して、ついでに、5軸供、位相を調整しました

おかげで、超スロー運転が可能と相成りました

集電対策を講じました


まず、テンダーの集電がさっぱりで、全部分解、塗装を剥がし、通電調整しました

サイドロッドが動輪の横動幅についていけず、車輪と当たりショート
ロッドピンにワッシャーをかまし、ショートを回避しました

調整終了、姿も、行動もO.K牧場となりました

あまりに外観の出来が良かったので、ついつい、仕事を置いて、仕上げてしまいました

M様に申し訳ない、、、、許してチョーダイ