Tenshodo NYC 4-6-4 LOCO 製作記録
1953年発売の60年物のキットを蘇らせ完成させる

5/12 60年前の車輌が完成しました





ヘッドマーク デカールを作成しました
前照灯は、φ3.0 LED球を取り付け



ライト横の「5427」の行灯も作成しました



標識灯のガラス球も入れました
何と、附属部品で、入っていたのです。



テンダーのリヤのロゴも写真を参考に入れて置きました。









60年前のキットとは、思えない、出来栄えですね
現在の模型の基本は、ほぼ、出来上がっています
なるほど、天賞堂ミュージアムの車輌です

製作の過程は、以下製作記録に書き於いています
ご覧下さい

------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

天賞堂のミュージアムに載っている 1953年発売の
とんでも無い、希少品を入手⇒私より3才若い


よっさんが物好きに、またまた、アメリカ型のレストアに挑戦

Tenshodo NYC 4-6-4 HUDSON  をヤフオクで落札

例に因って、スペシャルペイントまで、してしまいますよ
------------------------------------------------------------------------------------


到着時の状態



品物が到着しました
何と、木箱入り、ロット No.210 なのだ
よくもこんなものが手付かずで、残っていたものだ



ちゃんと、説明書入りです



紙と、ビニールの箱にくるまれていました



主台枠です 軸箱受けプレートには、天賞堂の銘板が半田付けされている



軸受けがスムーズに動くように幅を調整して
綺麗にヤスリがけして、黒染めをしました
軸受けのストロークが、ほとんどありません
塗装後の組み立てまでには、ストロークが出るようにヤスリで、削り込みます




ボイラー上廻り、半完成ボディ、作りが甘いと言えば甘い
プレスの板を丸めてある⇒ボイラーバンドが、角が鋭利で無い、ヤスリ掛けが必要
フロントの階段ステップが、角度がでたらめで、半田ものっていない
前の持ち主が、半田付けをしたような感じである
そう疑うと、ボディの半田付けがへたくそだ ハンドレールノブも一直線でない

多分、ボディを組み始めて、途中で製作を中止したのだろう

不具合部分は、半田を外し、修正する覚悟ができました



煙室戸は、黒染めのダイキャストだが、腐食して粉を吹いている  これは、修正が手ごわいゾ



大丈夫、丁寧に磨き出し、煙室にはめ込みしました



カウキャッチャー(プレス板を二枚貼り合わせ)
コンプレッサーがこんな所にある
ロストでない、鋳造品、とても今の精度とは、程遠い
しかし、今回は、出きるだけ当時の物を再現しようと、思っているので、
このまま、作るとします

綺麗に磨きました




ボイラーの錘、使えるかなぁ、ぎりぎりの選択だネ

これは、はめてみるとモーターに当るので、8mm 長さをカットしました



テンダー廻り、これはもう、メーカー半完成とは、とても言えない
素人工作である
錘は、鉛が酸化鉛になってしまっている⇒錘は、作り直します
床板は、プレスの板を曲げているのだが、ベンダーに旨くかかっていない
曲げが悪く、これも、作り直しか? 修正してダメならネ



修正し、ピカピカにしました



外して、溶かしちゃいました



さすがに鉛を溶かし、再整形し、取り付けました



ステップのつぶれを直しました



ダイキャスト製のシリンダー
綺麗に磨き、余分な、バリをヤスリました



動輪、スポークが曲がっていないか心配
ビニールは、開梱した気配はないが、スポークが粉を吹いている

大丈夫でした 黒染めをしました





分解し、グリスを入れ替えしました

ギヤボックス 今の物の原型、但し、中にあるゴムジョイントは、ダメだろう
でも、大丈夫、お気に入りのジョイントを売るほど持っている



ゴムが炭になっていました カッキンカッキンのボロボロ



モーションプレート、ロッド類



従台車、例の車輪径の違う取り合わせ
台車枠が粉を吹いている⇒塗装する



先台車 台車枠は、真鍮板



テンダー台車、やはり粉を吹いている 
二分割の台車でバネ付きイコライザー、良く出来ている

台車ごと黒染め処理しました



ベーカーカプラー これは、使わない⇒KDに変更します


ドローバーの集電がちがっていました

なんと、テンダーもボイラーもアースが同じだったのだ



因って、ボイラー側のドローバーが絶縁されてなく テンダーのピンが絶縁されていたのだ
だから、テンダーと、ボイラーを配線で、結んでいるのだ
走行方向の左レールからの電気を配線で、モーターに持っていっているのだ



真鍮のスペーサーを外し、樹脂のスペーサーを入れ絶縁部を作りました
ドローバー部は、自作です 後で、メッキしました



テンダー側は、絶縁体を外し、真鍮板を半田付けし、タップ、地下付けで、導通させました
つまり、今現在の方式に変更しました


,
棒型モーター、缶モーターに交換したいが、使えれば使って再現します
大丈夫でした

5/7 世間は、連休明け 60才のキット組み終わり、生地完成となりました



60年前のキットを組んだようにみえますか ?
プレス物ばかりで、なんとなくトイっぽい所がふんだんにあります

が、あえて、改造は、最小限にとどめました

韓国製のごちゃごちゃしているのより、私は、このほうがおおらかで、好みだ

試運転しました O.K 牧場


60才の処女だ、まだ動きが硬い ⇒ しかたないかぁ〜









足回りは、俺より若い ⇒ しっかりしています
あたりまえだろう、60年前の新品だヨ

俺は、もう初老のポヨポヨだ しかも、最近ブタッてきた

このまま、一気に塗装してしまうかな

次回更新を、お楽しみに!!!