NJCB/GOM UP H-7a 2-8-8-2 #3590 製作記録
神奈川県M様 レストア・DCC化御依頼

2015/10/6 完成しました













カラーライト、ヘッドライトレンズを装着



スピーカーは、1W 8Ω を2基装着



装着した後、脱落防止にスポンジを入れています



SDH166D は、煙室に入れました



ウォームが裸ですので、リード線巻き込み防止にカバーを取り付けました



ボイラー、テンダー間、スピーカー線と、ヘッドライト線の接続は、コネクターで結線
繋ぎ易く、長くしてあります



コネクターは、テンダー側に押し込んで下さい



で、ドローバーを繋ぎます ⇒ O.K 牧場

結構精密に出来ていましたので、力が入りました
可愛がってやって下さい


-------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

2015/8/30 車輌、無事到着しました

ご要望 C&O H-7a 変更 UP H-7a (EX) #3590 にする

レストア・塗装・改造・DCC化



GO MODEL の良い仕事の車輌です \100,000 以上するでしょう


;レストアする価値があります

出来上がれば、天賞堂にも引けを取らない車輌になるでしょう \300,000 位の価値は出てくると思います

試運転をしました ⇒ 電流を食いすぎます 12V、無負荷、動輪空転で、850mA です
起動する3Vで、何と、500mA 流れています

動力、駆動廻り、分解調整が必要です

車輌を引っ張らせたりすると、デコーダーが悲鳴を上げると思います

2015/8/31 見積りの為の所見です



キャビンの屋根は、半田外れではなく、脱着可能になっています

ただ、キャビンの側板に半田付けされているステーがヘロヘロになっています
で、外れてしまうのです ⇒ ステーの修理が必要です



バックプレートの表現が良いですね ⇒ 室内灯を着けると良いでしょう 停止時 ON の点灯です



煙室戸の外れ ⇒ 当りを取って、修復するしかないでしょう ⇒ 半田付けで止めてしまう訳には行きません

配管が半田付けされています、切断し、再配管しなければなりません



それより、フロントデッキの突きが問題です ⇒ 半田を外し、デッキを分離、ステーから修正が必要です
角度は、修正出来ても、デッキの網目がヤットコで掴む際に幾分潰れます ご了承下さい



デッキ手摺が完全に壊れています ⇒ 真鍮線で作り直しです



ランボードの形状変更 ⇒ 困難を極めます

ランボードの位置が低く、絵に描いたように、下へ迂回できません

ARCULATED の配管が迂回を邪魔します
⇒ ランボード全体を外し、少し上に上げない限り、下へ迂回した形にはならないようです
じなりで、迂回したような表現にとどまる事になります ご了承をお願いします



テンダーと、キャビンの屋根がカーブ時干渉します

ドローバーの新規製作が必要となります 少し長くしなければなりません



台車枠がカーブ時、及び、テンダーが横揺れ、傾斜した際に配管と干渉、ショートします
高さを上げないとなりません



ナンバープレートと、ヘッドライトですが、ヘッドライトはどのようにするのでしょうか?

ご指示ください



錘が取り付けられていませんでしたが、まっ、これは取り付けサービスとさせて頂きます

以上、所見と、修理内容です

DCC化につきましては、前回のUP MC-6 に準じた方法で行います

2015/9/1 分解、動力・駆動廻りを事前チェックをして見ました



12V、無負荷、動輪空転で、850mA 、
起動する3Vで、何と、500mA 流れていましたので、

事前に分解整備しました

動輪、ロッド、位相をチェック、調整、オイル補給 
⇒ 機械的には、復旧いたしました つっかかりも無い状態になりました

ただ、モーターが如何せん、電流を食いすぎます 少し、他社に比べると小さい物を使用しています
下に置いてあるモーターは、AKAME のSP AC-12 に搭載されていたモーターです
磁石も、ローターもひとサイズ大きい物です
バックプレートを表現していますので、サイズ的に犠牲になったのでしょう

ここは、ついでに、缶モーターに換装したほうが無難でしょうネ

Athearn の Challenger でも、CN22を使用して結構な牽引力、スピードを発揮しています

CN22を縦にセットすれば、装着可能です

ゴムジョイントは、劣化していました オイルを補給したら、滑り出しました ⇒ 交換ですね

2015/9/2 モーターを換装いたしました



CANON CN22 に、換装しました ⇒ モーターステーは、自作しました
⇒ 私は、在庫を両軸しか持ち合わせないので、シャフトは、後で切断いたします

ゴムジョイントも交換しました 下側がスリップしていました

これで、12V 無負荷動輪空転時、150mA と、なりました
指で、負荷をかけても、500mA 以上にはなりませんでした
起動も、1.25V で回転をしています ⇒ つっかかりも全く有りません

超スロー運転が期待出来ます



バックプレートをステーの半田しなおしの為、はずしました



キャビン屋根の取り付けステーを修理
確実に脱着可能状態に復活しました



煙室戸を外しました 塗りわけがこのままでは難しいので、
コンプレッサー、復水器の半田を外して塗装することになるでしょう

塗装後、接着となります



難題のフロントデッキを修復しました

全部、半田を外し、再組み立てをしました
デッキ網目も傷つかずに修復出来たと思います
手すりは、まだ、修理していません ⇒ 最後に修理します ⇒ 直しても、すぐ曲げてしまいそうなのです

事前修理は、ここまでとします 着工まで、約一ヶ月、お楽しみに

2015/9/25 ランボードを移設、形状変更しました



このランボードを#3590号機の形状に改造変更します



半田を溶かし、順次外しましたが、外れない、穴に真鍮線が貫通している物もあります



ルーターの切断砥石で、切開手術です



外れました ⇒ キサゲ作業をします



キサゲができましたが、ランボードに隠れた所が、表現を正しくしていなくてパイプが切れています



パイピングをやり直ししました



取り外した、ランボードの廃材を使い、ランボードを製作しました



少し、幅が足りませんでしたが、まぁ、我慢出来る範囲でしょうか

しっかり半田付けしましたので、網目が潰れた所もありますが、丈夫さ最優先です
車体を持つのにつかんでも大丈夫です



CAL のナンバーボードを取り付けました
実は大変だったのです ⇒ 既設の配管が邪魔をして、良いところに良い角度で取り付けられませんでした
3度取り付け位置をやり直しして、やっと、この位置に落ち着きました
が、角度は、浅く、煙突に近い位置となりました
部品も少し、大きく、致し方なしでした



一番細い、真鍮線が折れてしまいました

全部取り外し、φ0.25 の燐青銅線で、配線しなおしました



キャブ内まで、全体を固定していません ⇒ 曲がると困るので、最終で取り付けます



塗りわけ塗装の為、復水器を取り外しました、



ベル、コンプレッサーも取り外しました
塗装後゜接着とします

これで、ボイラーの修理改造は終了です

テンダーのハシゴを移設したら、塗装に入ります

明日は塗装準備、下地調整に入ります

2015/9/26 テンダーの加工をしました

昨夜、施主様と、連絡がとれまして、テンダーの追加加工をいたしました



まずステーが半田外れしていましたので、再半田しました



しっかりと半田付けのおかげで、塗装がコゲています



#3590号機同様に、ハシゴを左側に、移設しました

ヘッドライトを自作取り付けました 4.1 x 3.5 真鍮パイプを加工、装着しました

手摺を左側に移設しました

では、塗装を剥がしに掛かります

2015/9/29 下地調整で、手間取っています



洗い作業が済んだのは、ここまでです
テンダーの下処理に手間取ったのです、、、、
ボイラー下回り部品は、上周りが塗装出来てから分解します 部品が分からなくらると困るのです

明日は、写真の洗浄済み分を塗装します

2015/9/30 テンダー塗装出来ました



台車も組み立てました

KDカプラーも修正して、装着しました



ボイラーも上周りの黒を吹きました

明日は、銀色の塗りわけの為、マスキングをします ⇒ 峠にさしかかりました

最大の難関なのです

2015/10/1 マスキングが出来ました



細かいマスキングは出来ません ⇒ 良くも悪くも、表現が細かいと旨くはマスキングできません
筆挿し、修正で乗り切るだけです



煙室周り



火室周り、パイピングは、薄くマスキングゾルを塗っています。塗装後水で溶かし流します



フロントシリンダー部下回り塗装しました
右のギヤボックス、先輪ステーは、黒染めです



リヤーシリンダー部下回り、塗装が出来ました
右は、ギヤボックス、モーターベース等、黒染めしています

明日は、いよいよ、銀色を吹きます

2015/10/2 煙室、火室塗り分けました



敢えてUPにしています ⇒ 筆挿しが足らないところを見つけるためです

やはり、少しありますね 後で直します



正面です



こちらは、まずまずでしょうか



火室周り、やはり塗り残しがありました ⇒ 修正します





裏もきちんと塗り分けています



バックプレート軽く筆挿ししました



座席も青を塗っておきました

まずまず、旨く塗り分け出来たと思います
明日は、デカールを作ります


2015/10/3 先に下廻りを組み立てました



組み立ててボディにはめてみましたが、錘を付けたら、はいらなくなりました
ボイラーの下の干渉するところを削りとばしました
錘が、ギヤボックスの自由度を妨げていたのです



で、ついでにボディも細かいところまで仕上げました



煙室戸も配管をして、固定しました ⇒ ライトがデッキにあるので、固定しても支障はありません

メーカーズプレートを作らないとせっかくの出来が、、、、

明日は、ほんとに、デカールを装着します

2015/10/4 車体が出来ました



デカールを貼り、つや消しトップコートを吹きました.



デカールを作りました ⇒ 次に作る UP 4-10-2 も作っておきました





屋根が当たるので、少し連結間隔を広げました ⇒ テンダーが少し形状が違うので、いたし方無しです



メーカーズプレート、(ボールドウィン)、ナンバーボードも貼り付けました

明日は、いよいよDCC化に入ります