WSM/KTM AT&SF 2-10-10-2 #3000 レストア記録

2016/8/3 完成しました







ヘッドライト LED1608 電球色 レンズ Φ4.5



ヘッドライト LED1608 電球色 レンズ Φ4.5

KDカブラー ロングシャンクを取り付けました ⇒ カウキャッチャーが邪魔をして、解放レバーを切断しました



美しく出来上がりました

走行も超スロー運転ができます

R730 も通過します









デコーダーはテンダーに積みました
スピーカーは、φ28mm

DIGITRAX SDH166D を使用

やっと完成しました

お盆までにもう一台作ります

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

レストア記録

2016/6/13 KTM の貴重品が届きました

模型店の展示品で、ほとんど走行なし、破損無しの極美品です

ただ、酸化・黒ずみがありましたので、洗浄して、プライマーを薄くかけておきました

何しろ 2-10-10-2 なので、曲線は苦手でしょう

2016/6/14 ゴムジョイント交換修理・走行調整しました











長期保管車輛でしたので、ゴムジョイントが劣化、振動・スリップがしていました ⇒ フッ素ゴムに交換しました

試運転しましたが、R750では、相当に負荷がかかり、1A以上電流が流れます
R900じゃないと安定走行は、無理のようです ⇒ KATO の6番ポイントの通過も非常に苦しそうです
ポイント上カーブにさしかかると、モーターと、ギヤボックスをつなぐジョイントがスリップし始めます

モーターは、0.4A位で起動しますが、フルスロットルで、0.8A食います

スローは効きますので、折を見て、CN22に交換・ジョイント強化します


2016/6/21 モーターを CN-22 高速型に交換しました



上の写真、6/14 に、ゴムジョイントは交換したのですが、R750にさしかかると、ジョイントがスリップして
カーブを通過出来なかったのと、モーターが電流を食いすぎた(フルスロットル時=1.0A)ので、改造をしました



モーターベースを自作、CN-22 の高速型に交換 ⇒ 動輪径が小さいので、速度を稼ぎました
また、ゴムジョイントをシリコンチューブに交換、2.0 x 4.0 に、4.0 x 7.0 のチューブをかぶせて
二重構造にして、スリップ防止兼、柔軟性を確保しました

試運転、O.K 牧場 ⇒ 静かに、超スロー運転も効きます
R730 O.K ⇒ 通過します、ヒッヒッヒー
電流値も、1.2V起動時、0.2A 12V フルスロットル時、0.4A と、O.K,O.K なのだ


2016/7/29 お盆までに、DCC化してしまいます



このヤフオク落札品、元箱無でしたので、錘も付いていませんでした
で、鉛を溶かして、目一杯の錘を自作しました ⇒ 240g の錘が出来ました



試運転したところ、R750 のカーブで、ジョイントのタタキ音が出だしたのです
また、カーブの走行負荷で、シリコンチューブもブルッちゃいだしました で、ジョイントを強化しました

芯出しして、真鍮のジョイントに交換しました

直線での走行はすこぶる好調なのですが、やはり、カーブで、多少タタキ音がしますが、致し方無しとします
2-10-10-2 の動輪配置ですが、重量がかかったので、脱輪はしなくなりましたし、スローも良く効きます



テンダーにデコーダーを載せます ⇒ ボイラーが細く、錘を目一杯積みましたので、、、、

床板にスピーカー用に、φ5.0 の穴を開けました



配線用の穴をドローバーの上に開けました
キャビンにバックブレートが付いていないので、キャビンに直接配線を入れるようにします

明日は、塗装に掛かります

2016/7/30 黒を塗りました







黒染めした、小部品

今晩は、デカールを作成、明日は、煙室、火室を銀色に塗り分けします

2016/8/1 塗装が出来ました



LIONELを参考にして、デカールを貼っていたら、目が艶ありに慣れていたのか
艶ありにしたのです ⇒ 展示車両、全検出場です



BALDWIN のメーカーズプレートも作りましたが、製造番号はウソでーす ⇒ それらしく作りました

明日は、組み立てます

2016/8/2 組み立てができました



下回りがやっと組めたので、ちょっと車体に組んでみました



私の下回りの組み方、ご紹介します



こんな、SUS のブロックを台にして組みます



まず、塗装で絶縁された所を塗装を剥がします



軸バネをセットします ⇒ ちょっとグリスを保持の為、付けます



主台枠にバネをセットして、動輪を嵌めていきます



主軸押さえ板を取り付けます



シリンダーを取り付けます



モーションプートを取り付け、各リンクをセット、装着します

このたびは、かたっぱしから、カシメピンが外れて大変でした
また、スライドバーの半田が全部外れてしまい、泣きの涙でありました
カツミさんらしくない、半田付けでしたね

明日は、いよいよDCC化です ⇒ 多分、音源の作成を除き、ほぼ組み終える予定です

8/4 完成予定