NJCB/ORION B&M FLYING YANKEE DCC化記録
BM-MEC 6000

2016/9/11 QSI TITAN-U WINTON 201A のサウンドに変更しました



QSI のWINTON 201Aのサウンドをダウンロードし、デコーダーを入れ替えました
最高の音質とともに、詳細にCV値を設定、中間車、展望車は、KATO のFR11を新たに導入いたしました


2015/10/25 錘を追加しました

色々してみましたが、40g の追加です
モーター周りに追加しましたので、ほとんどが、車軸に重量がかかるはずです

2015/10/23 試運転の様子、ご覧下さい



音源は、GP18 を使用、ホーンを「Leslie Horn A-125」 に変更しています









試運転の結果、もう少し錘を載せることを考えないと、車輪のスリップがありました
付随台車にオイルを塗布して、やっと、スリップ無く走行と言う状況でした

なかなか、完璧とは行きません ⇒ どうも、マーカーライト、ヘッドライトの点き方が判らないのです
パイオニアゼファーの展示車輌のビデオを見ると、ヘッドライトも前進時電球色、後進時、赤の点滅のようなのです
展望車のライティングもそんな感じなのです
マーカーライトも展望車付いている横に照らしているライトは、緑だったりして、、、
と、いう事は、後部のマーカーライトは、赤、緑同時に点灯も有り得るのか、、、、、
誰か教えてチョーダイ

PIONEER ZEPHYR が、そうだとしても、FLYING YANKEE は、違うかも知れないし、ワカラン !!

次、イコカ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DCC化記録



今年、程度の素晴らしい車輌を手に入れました

DCC化をはじめます ⇒ SOUND が適当なのが無いので、Winton 201-A、EMC の567B 8気筒か、
潜水艦エンジン、WABCO FAIRBANKS-MORSE でも、使ってみようかと思います
まぁ、いずれにしても、SWにけがはえたようなエンジンでしょう
 ⇒良い物が見つかったら取り替えれば良いのだ

2015/10/15 DCC化着工しました

いろいろ考えたあげく、台車の集電加工から始めました ⇒ DCC 集電命


何分、動力台車の片側2輪ずつしか集電していないのです
残りの3個の台車は、両絶の車輪、しかも、W/30 の小径車輪です
⇒ こんなサイズの片絶車輪は探したけど売っていないですよ



この台車に集電加工をします



t=1.0 のベーク板に、1.5x1.5 のプラ角棒を接着、それにφ0.3の燐青銅線を差し込みました
動力が2軸のみですから、パワトラ一基で、走行させているような物です
太い線を使って、あまりの走行抵抗はいただけません



連接台車部分、こんな具合になるのです ⇒ 車輪の裏側に接触させる方法をとりました
この台車は、ボディと絶縁されていません ⇒ 車輪の絶縁が効いているだけです
後で、リード線をφ0.3の燐青銅線に半田付けします

今回の予定は、室内灯を点灯仕様にします
また、座席を取り付け室内を若干表現します

昨日は、久しぶりに車にワックスかけたので、製作はお休みしました

明日は、室内灯を取り付けたいと思っています


2015/10/16 座席を作り始めました



1.5t のプラ板にTOMIX のHO-N17 シートを一つ一つバラして、窓ピッチに合わせ、装着
実車の座席とは、少し違いますが、雰囲気だけいただきました



裏から見たところです ⇒ M2.0 のビス、4本で留めました



シートの背もたれもいい感じの出代となりました

大体、車体に穴あけの予定がたちましたので、先にシートを取り付ける算段で行きます

シートを仮装着しながら、室内灯の取り付け、配線を考えます

2015/10/17 室内灯を作りました



先頭車、LED 1UNIT (3LED) + ブリッジダイオード + コンデンサー (330μF)



中間車、LED 3UNIT (9LED) + ブリッジダイオード + コンデンサー (1000μF)



展望車、LED 4UNIT (12LED) + ブリッジダイオード + コンデンサー (1000μF)
1.5t のプラ板に草心LED の、テープLEDを貼り付け
コンデンサー、ダイオード、端子配線半田付け部は、ホットメルトで固定

なかなか決心出来なかった、デコーダーですが、将来書き換え変更可能な、
DIGITRAX SDXH166Dを搭載する事としました
音源は、最近、UPされだした、16ビット音源の、「EMD 567B-12 NT SW9」 を入れてみます
気に入らなければ、取り替えれば良いのだ
どうしても、スイッチャーの素朴なエンジン音を使いたかったのです

実車は、Winton 201-A 8気筒 600馬力 なのですが、、、まあ、似たような感じなのでは?

ヘッドライト、マーカーライトの穴あけは済ましましたので、座席の製作を続けます

大体の構想は決定できました
問題は、錘です 片ボギーだけの駆動ですからしっかり集中的に重量をかけないと


2015/10/18 座席が出来ました



先頭車のスタンダードシートです



展望車のパーラーシートと、右側は、スタンダードシート、いずれも背もたれを低くしました
本来右側のスタンダードシートは、上の先頭車のと同じシートだと思うのですが
赤のシートが足りなくなったので、黄色で代用しました

明日は、電装に移ります

2015/10/19 電装に掛かりました



ヘッドライトを作りました
光ファイバー、φ1.5 を導光材兼、内部レンズに使用しています



LED球、φ3.0 ツバ付き電球色を使用、熱収縮チューブをかぶせ、車体にゴム系ボンドで接着しました
この後、マーカーライト、赤、緑、運転室室内灯を取り付けます



リヤのヘッドライト点滅用基盤を製作しました
LED1608 赤を使用しますので、2Vに落とさなければなりません
基盤への入力電圧を 9V 位に落とす為、1KΩの抵抗を基盤と直列に入れています
何でかと言うと、電圧を落とすと、点滅速が遅くなるのです
又、点滅をコンデンサー330μFを入れ滑らかにしました
突入電流防止に、整流ダイオードを入れました ただ、LEDの方に、突入電流が来るので、
LEDに掛かる電圧を1.9Vに落としました 500Ωの抵抗を入れました

DIGITRAX TF4で、制御しようかと思いましたが、取り付けませんでした
前後進ともにマーズライトの点滅仕様に出来ない為、自作点滅基盤を装着しました

室内灯、展望車のライティングは、DC仕様で行います
ただ、DCCの使用状態でも、全く、同じ点灯動作をします

こうしておけば、デュアルDCCで通用します

明日は、電装終盤に入ります

2015/10/21 先頭車、完成しました



床板、錘、動力台車の取り付けに苦労しました
⇒ デコーダー、スピーカーを取り付けると、床板が装着できなかったのです



先頭車のキャビン、ヘッドライト、マーカーライト、運転室室内灯を装着しました



錘を車体に取り付けるように改造しました ⇒ これで、床板の設置後取り付けせずに済みます

動力台車も同様、床板を切断し(取り付け高をそろえる為)、ボディに貼り付けました
枕梁を取り付けるスペーサーとなりました ⇒ これで、動力台車、床板を取り付ける前に装着出来ます



動力台車をとりつけて、デコーダー、スピーカーを取り付けました
デコーダーは、スピーカーの裏側に仕込みました
これから、座席を取り付けるところです
火入れ式を行いました ⇒ O.K 牧場



展望車の配置です



展望車の点滅基板を車体に取り付け



展望車の連接部、ここに、コンデンサーを移動しました ⇒ 点滅基板を配置する為、逃げました



展望車後部です ⇒ マーカーライト、ヘッドライトも取り付け済みとなりました

点灯、点滅試運転、O.K 牧場

まず、この車輌は、組みにくい車輌ですよ 参った参った

明日は、完成予定

2015/10/22 完成しました



ヘッドライト、マーカーライト緑、客室室内灯、運転室室内灯点灯
おっとっと、カプラーをつけるの忘れていました



マーカーライト赤点灯



ヘッドライト赤、点滅点灯、マーカーライト赤点灯



音源は、SW9を入れてみましたが、ホーンがSTART部分の音が悪い、「ピーッ」音が最初入っている
よって、GP18 を入れました EMC 567B 16気筒、の音ですが、まぁまぁ、似ているのではと使いました

使用CV値

B&M FLYING YANKEE . . BM-EMC 6000 . SDXH166D . . .
ファンクションキー CV番号 . . . デコーダの電線色 . . .
. . . デジタル入力線 .
電線ごとの数値 . . 前進 後進 01[01] 02[02] 04[04] 08[08]
ライト . . 全室内灯 . ヘッドライト . 運転室室内灯 .
. . . 展望車マーカーライト . 緑マーカーライト 赤マーカーライト . .
. . . 展望車ヘッドライト(点滅基板使用) . . . . .
 F0 前進 CV33 01 . . . . .
 F0 後進 CV34 02 . . . . .
 F1 CV35 00 . . . . . .
 F2 CV36 00 . . . . . .
 F3 CV37 04 . . . . ● CV51=[A0] .

明日は、試運転をして、YOUTUBE に、UP します