PFM/VH-SAM CNR U-1-f 4-8-2 #6060 DCC化記録

2017/5/4 やっと完成しました



やっぱり、韓国製は、飾りです 改造等と、考えてはなりません
するなら、全塗装前提のJUNK のみにしておくことです



ヘッドライト、麦球から、φ3.0 LED球 電球色に変更しました
レンズは、エコーモデル φ4.1 を装着

カラーライト、緑を装着

なんと、こんな改造すらままならないのです

まず、下回りを外すのに、先台車の台車中心ピンの長ネジが外れませんでした

何と、ボイラー煙室下のプレスナットが外れてしまいました
どして? ⇒ 錆ついてネジが緩みませんで、ナットが外れたのでした



こんなところに、プレスナットを使うかぁ? 〜



で、もっと丈夫な、ちゃんとした真鍮ナットを半田付けしました

ナットの右斜め下のランボードとボイラーの半田付け見てくれますぅ〜、
塗装後に半田付けし直して、その上に塗装を重ねています ⇒ 見えないところは、徹底的に省力する かの国の国民性だね



その部位です お高い、韓国製は外見の見てくれだけなのだ
この後、ちゃんと補修塗装をしました



キャビン下のバルブ、配管が、主台枠の取付ステー(却) にかぶっており、外そうと、曲げていたら、半田が外れてしまいました
ハシゴの左のロスト部品が取れてしまったのです ⇒ 精密さを演出するのに、整備性の事など考えていないのです
だから、その場しのぎの飾り物だと私は言うのです ⇒ 遊べる模型ではありませんね



はははのはで、煙室戸、外れません ⇒ 笑っちゃいました、ベルを曲げて煙室戸を外しました
ついでに、錘を外そうと、しましたが、外れません ⇒
先のプレスナットのベースが、錘を積んでから、後、半田付けしたか、バックプレートを取り付け、半田付けしたかなのです
で、当たっていた、煙突の出っ張りを、ルーターで、綺麗に削り、やっと、錘を外しました



外せた、煙室戸のライトケースを加工しました
φ3.0の穴を開けました



裏に、3.6 x 3.0 の真鍮パイプを半田付けしました これで、φ3.0 のLED が取り付けれます



取り外した、錘を切断加工しました、デコーダーを錘の上、ギヤケースの上に収める為です
実は後で、もう少し前まで、切り取る羽目になったのです ⇒ 左のビス穴まで、もう20mm近く切り取りました

QSIのデコーダーの欠点は、大きい ( 長い ) ことです



ボイラーにデコーダーを積みこんだところです ⇒ この後、結線し、配線をまとめます



ZIMO LS 26 x 20 x 08 を入れます
残念ながら、トップトーンの20 x 40 は入りませんでした

ボイラー煙室にスピーカーを入れます ⇒ 何せ、STEREO 2チャンネルですから、、、、
こちらから、おもに汽笛、ベル音を流します



ここに、デコーダーのコンデンサーも入れました ⇒ ギヤボックス上には、入れるスペースが無かったのです



リヤヘッドライト、点灯化しました
LED 1005 黄色が発売されていましたので、装着してみました ⇒ アメちゃん好みの濃い黄色だね
復活した、U-1-F の、ビデオを見てみると、白に近いよ ドジったかな

で、やはり、タンクの端面が外れないのです



はしごの半田を外さざるをを得ませんでした



御心配無く、組み立て後、色を調合して、綺麗に吹きつけ、補修塗装しました



スピーカー取り付けの為、音抜けの穴を開けました



φ1.5 の穴を開けました



LED 1005 黄色です

こちらのスピーカーは、トップトーンの20 x 40 です



キャブライト点灯、LED 2835 電球色



FIRE BOX チラツキ点灯



角型フラット LED 赤 2 x 5 x 7 を端面、斜めに加工



厚手、アルミ箔を遮光に貼りつけました



クリヤーイエローを塗布



点灯試験です



火口に穴を開けました



点灯状態です ⇒ O.K牧場 !!



コネクターは、ハーフピッチ、1.25P の4P です ⇒ 
中、2本がスピーカー線、外側が、リハースヘッドライト用の黄色、青線です

下廻りとボイラー、合体出来ませんでした



ガッビーン

FIRE BOX 用のLEDの厚み、2〜3mmが禍したのでした

で、モーターを2mm 前に移動させました

モーターベースのネジ穴を長穴にし、ジョイントを短縮し、モーター端子を加工し、大変だったのです

書くのもイヤです

以下、CV参考設定値



BEMF 調整値 ⇒ 少し、落としました
デフォルトの値では、少し、中速で、突っかかりが出るのです

QSIのレギュレイテッド運転で、モーターの相性が随分ある事が判りだしました
CANON、CN22は問題有りません ⇒ 大変、優秀なモーターなのです
が、訳のわからんモーターは、レギュレイテッド運転でギクシャクします
その時は、スタンダード運転に設定変更しますが、BEMFでなくなりますので、低速設定が必要です
しかも、BEMFでは無いので、トルクが出ません

この車体に載せてあるモーターは、CN22そっくりですが、どうも、韓国でノックダウン生産されたとしか思えない代物なのです

CANONのラベルが貼られていません



CHUFF の同期設定です

きちんと同期が取れました



CHUFF音 の長さ、(動輪径)の設定



サウンドの設定 ⇒ 上のメインボリウムが映像きれていますが、最大値の127 にしています




ボリウム設定



STEREO バランス設定 1



STEREO バランス設定 2



LIGHTING 出力 PORT 設定



ヘッドライト設定



キャブライトの設定、マーズライトの出力PORT 出力設定を使っています DIMMER の設定が出来るからです



FIRE BOX 設定

後で、YOUTUBEにUPします

やっぱり、QSIは素晴らしい!!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DCC化記録

2016/7 PFM/VH-SAM の新古品を落札しました

前所有者の保管品で、購入時試運転のみの極少走行、破損無しの極美品です

元箱、部品完備、スポンジ劣化無しの極上品

2016/7/31 極上品が届きました

PFM Van Hobbies Canadian National 4-8-2 U-1f #6060 - Factory Paint



コースティングギヤ付です
ヘッドライト点灯します









DCC化するのみ ⇒ \200,000オーバー物ですね

2017/5/1 只今、バラしています



QSI のデコーダーを取り付けようと、バラしました
が、が、が、
さすが、韓国製、バラす事を考えていなのよ!!

問題多発、半田はずれ多数発生 さわるも地獄状態なのだ

2日で、仕上げようとしましたが、、、、