SAMHONGSA UP 4-6-2 #2835 製作記録
神奈川県M様 レストア・DCC化御依頼

2015/12/21 試運転



2015/12/20 完成しました







煙室戸を接着してありましたので、その接着剤がはみだして、流れていました
余りに不細工なので、お節介で、煙室、火室を塗り分け塗装をしました

今年、最後の仕事なので、サービスです

これで、ダイキャストボディも少し、豪華になりました

完成間近で、色々ありました 以下のような事を一つ一つ解決しての完成です



窓ガラスを貼り終えて、ボディに留めようとしたら旨く留まりません
なんと、半田外れです ⇒ キャビンは真鍮板で作ってありました



仕方なく、低温半田で、薄く半田付けしました 塗装はタッチアップでゴメンナサイです



キャビンの床、ダイキャストが曲がっていて不細工なので、まっすぐにヤスッて、修正しました

どの道、塗り分けしますので、ボカシで、吹き付けます



塗り分けの為、ざっとマスキングをしました ご参考に、、、、



カラーライトを入れるので、座を作りました ⇒ サイドは穴が無かったのです



煙室戸もマスキングをしました



塗装が済んで、組み立て、試運転した所、登りの入り口で、動輪がスリップします
なんと、先輪の中心ピンのストロークが足らず、先輪が突っ張って動輪が浮くのでした
よって、中心ピンを自作しました

ダイキャストのネジ山も大分疲れてヘロヘロ状態でしたので、M2.0 の全ネジも長いものを使いました

この後、組んで試運転したら、今度は、前が少し沈んだのでしょうか、カウキャッチャーのステーの出っ張りに
右カーブで、車輪が接触、ショートをしました

スカートの内側を大分削り飛ばしました

テンダーは集電の為、60g 錘を載せました

テンダーは大丈夫となったのですが、そもそも、動輪の集電が悪いのです
相手がダイキャストなので影響しているのかも知れません

時々、ポイントの絶縁部に来ると、超スローな運転をしていると、スタックすることがあるのです
動輪、3個で、集電しているので、ポイントの絶縁部が長いと、スタックする事があります

完全に集電装置を作ったほうが安心ですね
先輪、従輪からも片絶車輪に変更して集電した方が良いと思います
それでも、スタックするとなると、集電装置を作るしか無いですね

音源は、Canadian National K5a 4-6-4 Type を入れておきました
なかなか良い音源です 似合っているのではと思います

それでは、明日は、3台エンドレスで走行試運転です

YOUTUBE にUPします

-------------------------------------------------------------------------------------------------

レストア・DCC化記録

2015/11/6 車輌、無事到着しました



ご要望事項 製作方法のご提案
・DCC、サウンド化   SDN136D スピーカー φ28mm
・ライト点灯  ボイラー側 1箇所設置
・煙室扉外れ  修理 ステー自作取り付け予定
カプラー取り付け  ボイラー側 KD 首振り無し、テンダー側 KD装着
・走行調整  ドローバーピンが長く、ポイント上で、レールに接触し、
 ショートしています
 台車の塗装面が剥がされて無く、接触不良
  ドローバーのバネ不良 太い線径に変更



煙室戸、接着して有るだけです
ヘッドライトを点灯加工するので、脱着出来るようにステーを取り付け予定



ドローバーのピンが長く、ポイント上で、レールに接触し、ショートする

切断し、短くします





台車のセンターピン周りの塗装が剥がされて居なくて、通電不良を起こして居ます



ボルスターの面も、下地塗料がベッタリ付いています



ドローバーのバネが細く、接触をしっかり出来て居ません ⇒ 線径を太いものに取替えします

2015/12/19 まず、修理を始めました



この車輌、ほぼ、全体がダイキャスト製なのです ⇒ テンダーの床板は、真鍮板です

テンダーの集電不良を解消 ⇒ ボルスターを磨き、台車枠も磨きました
また、ドローバーのピンが線路に当たるほど長いので、M3.0 のワッシャーを2枚入れました
試運転の結果、快調に走ります ⇒ O.K牧場



キャビン下の配管が半田外れ、修理しました



ヘッドライト点灯用に穴をあけて、2.4x2.0の真鍮パイプを半田付けしました
何でかって言うと、煙室戸がダイキャストで、半田付けが効きません
で、ロスト製のヘッドライトを頼ったわけです



この真鍮パイプに、自作したステーを半田付けして、ガッチリとしたステーが取り付けられた訳です



そして、ボイラーにφ2.2 の穴を開け、煙室戸、M2.0 のビス留めにしました



フロントにKDカプラーを装着しました
KD #5 の取り付け支点部を切り飛ばして、M1.0のたっぷを切りました



こんな具合で、しっかりと装着出来ました
如何に、TOY的なダイキャスト製でも、#2835は、WEB上でも、写真が出て居ません
多分、とても古いSAM KOREA製なのでしょう ⇒ このスタイルのUP PACIFIC 4-6-2 は、とてもレアなのです
施主さんが多分大事にしているのかと思うと手が抜けません

走りは、とても良いのです

煙室戸を接着剤留めにしてあったおかげで、ボイラー部に接着剤が流れて居ます

煙室戸だけでも、銀メタで塗り替えるのも方法ですね

明日は、窓ガラスを入れて、DCCを装備します

2015/12/19 夜 配線に入りました



ドローバーを修理しました ⇒ φ0.4 燐青銅線をφ0.5 洋白線に交換
プラの絶縁座を自作スチロール樹脂に交換
熱でほとんど変形していて使い物にならなかったのです



M2.0 のビスをナット、ラグ板を使って半田付け配線をして、ダブルナットとして、樹脂に力をかけず固定しました

テンダーからの電流は、黒線、ドローバーに直接半田付けです ⇒ 元々、こうしてあったのです



動力部の配線を済ませました



テンダーに音抜けの穴をφ5.0 の穴、5個開けました

で、塗装をしておきました 後は、スピーカーを取り付けてテンダー部完成

煙室の塗り分けする事となりましたので、明日、塗り分けして完成予定です