TOBY 4030 後期型 新古品レストア
九州鉄道 92型として製作

2013/12/4 完成しました





ヘッドライトも点灯です ⇒ LED1608 電球色を埋め込みました



錘の位置を後ろに下げました ⇒ モーターが軽くなったのでね
スピーカーは、最前部に設置 サウンドデコーダーは、キャビンの天井に装着
コンデンサーは、炭庫に入れました
走行用デコーダーは、モーターにテープで巻き付けました ⇒ ランドセル状態です

走行を調整しましたので、前進は、すごく静かで、低速も効きます
が、後進が少々音がします ⇒ ギヤ鳴り共鳴し、車軸が、主台枠をたたいています ⇒ これは、お約束らしいです



KDカプラーは、天賞堂のKD #16タイプ No.402 です
バッファーが邪魔したので、KD No5 より、シャンクがチョイ長めにしました



多分、煙室を塗りわけしていたのではと、想像しますが、実物写真から良く判らないので、黒一色にしました



ナンバープレートも、デカールで作成、黒部分には、BALDWIN なんちゃらかんちゃら、フィラデルフィア USA とか書いています
でも、小さいので、良くは見えませんね ⇒ ルーペで見るとそれらしく判るのですが、自己満足です



BALDWIN 14250 号のメーカーズプレートをそれらしくデカールを作り貼り付けました



九州鉄道の社章もデカールを作りました
ALPS さんの熱転写プリンターのおかげです

小さくて、何の変哲も無い、4030が、DCCを積んで、楽しい車輌となりました

祝、完成です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

2013/5/16 ヤフオクで、新古品を落札



ずいぶんと、高くつきましたが、程度は、新同品なので仕方ないかな

2013/12/2 レストアを開始しました

入手時、DV18 モーターを改造して、装着しましたが、音がうるさいのと
DCC を搭載しようと、モーターをCANON の CN-16に換装しました



キャビンにモーターが干渉するので、斜めにセットしました



モーターステーを自作

シャフト、φ1.5 から φ2.4 に精密パイプで挿入加工、エポキシ接着剤にてウォームを取り付けてあります



塗装が出来ました



サウンドデコーダーは、MRC、 ホイッスルの設定は、CV50=27 小型古典機 US型

チャフ音も、小型機用の短音の物に変更しました

スピーカーは、φ20 にビンの内フタを加工ゴム系接着剤で固定



走行用デコーダーは、DIGITRAX DZ125 にしました ⇒ これが一番小さいのです
CN-16 なら、これで十分なはずです



デカールを作りました

九州鉄道の社章、フロントのナンバープレート、ボールドウィン社のメーカーズプレート、をそれらしく作りました

       

この後、デカールを貼り付けて、トップコートを吹きます

で、主台枠を組み、ヘッドライトを点灯仕様にして、DCCの取り付けにかかります