KTM 3線Oゲージ EB50 レストア記録
BRASS MODEL 愛知県 U様 御製作依頼

2015/4/18 カラーライトを装着しました



2015/4/8 完成しました



今日、磨きがどうしても気に入らず、トップコートを落とし、もう一度手で磨きました
まぁ、満足いくまで、磨きました









台車の裏まで、ヘアーライン仕上げにしました

ところで、この車輌、とんでもない、ツワモノだったのです

朝に戻ります



台車の裏側、ミジメな半田盛りを除去、綺麗に磨き出しました




ホワイトメタルの軸箱を一か八か、剥がしました ⇒ こうしないと均一に磨けないのです
まぁ、何とかやり遂げました



こんな具合に綺麗にはなったのですが、、、、
ここに至るまでに 問題山積でした

何だ !!!!

組んで、試運転と、なりましたが、、、、⇒ ギヤの噛み合いが、悪く、時々飛ぶのです
また、逆転をかけると、瞬間、動こうとするのですが、ブレーカーが飛ぶのです

何でだ????? 配線を正規にやり変えたのが原因としか考えられません

そういえばこの車輌、変わった配線をしていました ⇒ ヘッドライトも両側とも通電時点灯するのでした

素人の配線だナっと、笑っちゃいましたが、前ノ作者ハ、策者だったのです



左がこの車輌についていたウォームです

見てください、左の左ウォームがセットされていました
ウォームホイールは、通常の正規品、13:1 の物でした ⇒ ウォームだけが違うのです

なので、噛み合い飛ぶのだ、 すぐに磨耗してパーなのだ

で、もう一つおまけが、逆転時モーターが異常に発熱するので、降ろして分解しました

テスターを当てると、片側のブラシケースが、微弱ですが漏電していました
解った、なので、片側をボデーに直接アースして、極を固定していたのだ

誤魔化しだ

私が、だまされるところだった ⇒ 恐るべし、この「ど素人


だから、配線が、間逆のローター側、ステーター側の切り替え配線になっていたのだ

でも、一度は絶縁を試みたようなのです 軸受けステーがユルユルだったのです
ステーターにローターが、擦っていたのだ 知らず知らすに修理してしまったのです

まぁ、もう一台の車輌から、モーターを拝借して、搭載、試運転を済ませました

全て、正規にやり直しました

で、ウォーム、施主さんに手配してもらうことになりました

まずは、入手出来そうです

ちょっと車高が違うので、納品までには修正しておきます

それでは、モーターの修理をします 夜中にネ

------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

一昨日、車輌、取り付け部品が届いています

前回に続いて、発注を頂きました

今回は、珍しいブラスモデルの3線Oゲージです



2015/4/6 着工です

ピカピカのバフ研磨仕上げにします



バラす前に問題点を洗い出しておきます
手摺の再半田し直しがブサイク やり直します



デッキが他の部品を流用したらしく、塗装が残っています
オリジナルの部品では無いようなのです
丁寧に、キサゲブラシで塗装を落とす事とします 多分シンナードボンでも取れるとおもいますが、
どのみち、磨きを掛けますので、、、



反対側のデッキも同様です



幸い、ほとんどの部品が、ネジ留めなので、全て、バラして、磨き上げます



惜しむらくは、屋根板が、裏から板金されたのでしょう、凸凹となっている箇所があります
出来るだけ、の補修、傷取りをして、磨き上げたいと思います



パンタの船先が、半田跡となっています キサゲて、磨きます



碍子が変形して、見苦しいのです ⇒ 施主様が、何と、真鍮製の碍子を手に入れ、支給してくれています

交換します



デッキ裏、手摺の支柱を再半田してありますが、見苦しいので、削り飛ばし、磨きます

今日は、これから部屋を掃除しますので、掃除後、バラシに掛かります

2015/4/7 ボディ磨き出しました



何回も磨き直しましたが、如何しても、少し、ムラが出るのです

やはり、車のボディにバフをかけるのとは違いますね ⇒ 模型のボディは凸凹だらけです
この位の出来で、ご容赦ください

ヘッドライト、半田し直し ⇒ 半田が、外れてしまいました
どの道、センターから、ずっていましたので気にはなっていたのです

モニターも半田が外れてしまいました

兎に角、ブリキの厚みの型に真鍮板をプレスしているので、強度が足らないのです

すぐに曲がってしまいます、凹んでしまいます
ヘッドライトも屋根の板ごと、曲がってしまいます ⇒ 少し指に当たって引っ掛けたくらいで、首を振ります

ヘッドライトの曲がりには気をつけてください

素手で、持てません、指紋がついてしまうのです ⇒ やっとの思いで、トップコート(ツヤ有り)を掛けました

プライマーをかけると、透明感が無くなるので、かけていません

電子レンジのオーブン機能を使い、焼付け塗装にしました

本来なら、管楽器のように、ワックスをかけて維持するのが良いのですが、
鉄道模型ですから、しょっちゅう、ワックスをかけてやるのも何ですからネ



ボディをバラしていたら、スイッチの配線、赤の線、半田が外れて取れてしまいました

手前の青線なんか、半田のヒゲにくっついているだけですよ ⇒ 恐ろしい



配線が細いです 2A 流れるのですよっ

どっちみち、電球の配線が違っていたので、配線、全やり直します

モーターも整備しました無負荷で、1Aを切って回りだしました
整備前は、2A近く食っていました

この車輌、前の持ち主は、電気的には、素人だね

バラしていたら、デッキ廻り、次々に半田が外れていくのです
全半田、手摺り、ハシゴ、やり直しだナ

今、下回りを洗浄、乾燥中です 午後から磨きに掛かります