KTM 3線Oゲージ EB58 レストア記録
愛知県 U様 御製作依頼

2015/4/15 完成しました



ななつ星塗装にしたら、何か、御料車をメタリックにした感じになりました

ピカピカの光沢塗装にしましたので、持つと指紋がついて大変です



ウォームがとどきまして、取り付けました ⇒ 非常に噛み合いが宜しいようで、音も静かです

当時物でも、新品のKTM 純正部品でした ◎印











丁寧に下地を調整して、塗りました 黄例に塗れています

可愛がってやってください お召し仕様のゴハチです

------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

車輌、取り付け部品が届いています

前回に続いて、発注を頂きました



2015/4/10 バラして、下地をつくりました



4/9に戻ります



こんな穴もありますが、仕方ないですね ⇒ ブリキのペラペラです

穴埋めはします



パンタ、相当メゲています ⇒ 岡山では、壊れていることを「メゲている」と、言うのです



ヘッドライトケースも穴開き状態 ⇒ でも、これが正常なのです
今回は、LEDに点灯加工無しですので、電球をこのままつかいます
因って、交換の為の逃げの隙間なのです ⇒ これを潰すと交換作業が、やりにくくなります



大隙間が開いています ⇒ これは、潰します



4面とも、大隙間なのです



パンタは、施主さん、支給品に交換してとのことですが、
勿体無いので、直しておきました

この、モーター、EB50に着いていたものです ⇒ 修理しました

ウォームは、施主さんが手配してくれました


部品が届く前に、塗装してしまいます


1015/4/12 塗装が出来ました



色は、ななつ星塗装です
ななつ星は、金ぴかのイメージが強いので、デカールで、ラインを作りました

金色のラインです ⇒ 写真では、銀色のようにも見えますが、
実物は、茄子紺のメタリック ( タミヤカラーのゴールドリーフを調合 )、MrカラーのGX100、光沢塗装を4回塗っています

まず、発色もツヤも良く出来ています

ナンバー、電球を入れて、もう一回、仕上げの光沢塗装を、MrカラーのGX100 で吹き付けます



デカールは、インクスケープで、この写真からトレースしました

少し大きめでつくって、洋白板の木端を包み込むようにしました

明日は、組み立てして完成ですが、ウォームがまだ届きません。

2015/4/13 乾かしています



塗装を厚塗りしていますので、乾くのに時間がかかります
手でしっかり掴める様になるには、3日かかるでしょう

後は、パンタを取り付け電球の配線をして、車体、シャーシを取り付けるだけです

そのうちに、ウォームも届くでしょう


他を掛かります