KTM 3線Oゲージ ED16 レストア記録
入庫現況記録 東京都 U様 レストア御依頼

2017/11/25 車輌が届きました



先般、お見積もりした、EB55が大変程度が良かったので、この車両、写真を見ずに送って来て頂きました
が、この車両、程度は良くありません

ランボードが2個脱落しています ⇒ 部品は外れた部品を収容した、部品袋有ります

パンタグラフ修正



この傷が致命傷です ⇒ 真鍮板がたくれて、切れています
真鍮生地仕上げは、諦めてください ⇒ 板金、半田盛り、部品自作で乗り切らねばなりません



修理後の半田盛り、研磨修正、板の切れた跡が見えてしまいます
⇒ 生地仕上げに耐えられません




車体裾の簗が切れています

新規に部品を自作して換装しなければ修理は不可能です



軸箱、砂箱が脱落

台枠を全分解再調整、修正再組立てが必要



砂箱が欠品 ⇒ 外れた部品を収容した、部品袋の中には、砂箱1個しかありませんでした
1個足りません、それらしく自作装着するしかありません



軸箱が外れています

不適切な半田修理跡が多数あり、全分解再調整修理が必要です



スイッチのステーが用をなしていません ⇒ ステーを製作し再設置固定しなければなりません



デッキ、修理



デッキの床板がめくれています
梯子が半田外れしています

修正、再半田修理が必要



配線が全滅です 被覆が老朽化していて、ショートしていると思われます
全配線をやり直す必要があります

モーターは、オーバーホールしてみないと回るかどうかも判りません

ただ、通常のモーターですから、中古の入手は出来ると思います
ギヤは大丈夫と思います



コレクターの取り付けステーがグラグラです

ステー自体が原型不明です ⇒ やっつけで台車内枠に半田つけしていますが、外れかけています

取り付け箇所の修理が必要です



ヘッドライトへの配線も絶縁被覆が老朽化していて、絶縁不良となっています
配線の交換、電球の交換が必要です



エアーダクトに凹みがあります ⇒ この板金修理は難しく、旨くは修理できません



バラして見た様子です

結論として

レストア出来る最低限の状態ではあります
しかし、レストアするにはお金が掛かります


------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

車輌、取り付け部品が届いています