別府鉄道 キハ 101 製作記録
TOMYTEC 鉄コレ 第10弾改造 大阪府 M様 御製作依頼

11/20 やっと完成しました



:今朝、やっとこさっとこ完成に至りました



ヘッドライト点灯仕様です



テールライトも点灯仕様です
実は、これに泣かされました ⇔ LED を8個つぶしました
如何してか、最終段階になり、配線をとりまとめていると、点灯しないLEDが出てきました
狭い場所にむりやり実装しましたから、配線のφ0.1のウレタン銅線を傷めるのでしょう
車体に動力をはめ込む時にも、配線を切ってしまいました
そんなことを、5回もしました 5回目にやっと収まり、試運転となったわけです



野口方面側



別府港方面側です



1位側、全検表記、換算表記もいたしました



ヘッドライトの塗り分け、ワカルカナー



A の表記

アワワ、テールレンズが外れてました 後で、やり直します



定員表記 109名



読めるかなぁ、別府港 ⇔ 野口



:ゲッ、雨樋が曲がっている 後で修正します



床下ジャンパー栓受け、この大きさが一番バランスが良いのでこの車体を施主様に納入します
銀河モデルのジャンパー栓は、少し大きすぎました





屋上のタイフォンと手摺りです



テールランプを直しました



反射板を取り付けサービスいたしました

お詫びです ⇔ 最終試運転で、テールライトの明るさが微妙に違う事に気がつきました

テールライトの明るさが少しずつ違うのです 5回作り直しましたので、導光に差が出来たのだと思います

これ以上、LEDと、レンズを剥がす作業は、車体に支障が出るので、明るさの差は、ご容赦下さい

これから、特製クリヤーケースを作ります
ただ、プリンターのカラーリボンが、残り少ないので、途中切れたら、インクリボンが届くまで、お待ち下さい
リボンは、発注してあります 先程、ヨドバシカメラから他のインクリボンは入っていたのですが、
カラーのセットが入っていませんでした 別便で来るのでしょう

ドアのバス窓は、自作デカールで表現したのです 良く出来ているでしょう
こうでもしないと、筆挿しでは、旨く行きません
アル中の私では、手が振るいますよ ハハハのハ

祝、完成
可愛がってやってください お楽しみに !!

------------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

お待たせいたしました、製作を始めます



種車は、TOMYTEC 鉄コレ 第10弾 片上鉄道、キハ 302を改造

1934年(昭和9年) 国鉄キハ41057 川崎車両で製造
1950年(昭和25年) 同和鉱業片上鉄道 キハ301
1974年(昭和49年) 別府鉄道 キハ101
2008年 解体

別府鉄道 キハ101 ( 特別注文 )を製作します

工作予定項目

 種車  TOMYTEC 鉄コレ 第10弾 遠州鉄道 キハ802
 動力  TOMYTEC TM-11R
 塗装色  モリタ 赤13号、GM 西部アイボリー、GM ねずみ1号、GM 黒
 ヘンチレーター  銀河モデル N-051
 タイフォン  銀河モデル T-004
 妻面窓枠  キッチンN 946W キハ4100 用窓枠 改造使用
 ヘッドライト  点灯仕様 LED 1608 4個使用 銀河モデル N-017 使用
 標識灯  点灯仕様 LED 1608 4個使用 銀河モデル N-063 使用
 ワイパー  銀河モデル Wタイプワイパー使用
 エアーホース  銀河モデル N-107 使用
 ジャンパー栓受け床下用  銀河モデル N-238 使用
 ジャンパー栓受け車体側  銀河モデル N-032 使用

これは、あくまで予定、得意のアドリブもありますよ〜ん

変更箇所

11/6 別府鉄道ファンの皆様、キハ101 着工しました



24時間風呂、イソプロピルアルコール浴から出ます

車体を片上鉄道 キハ302 から作る予定でしたが、変更しました

ヘッドライトが、メッキ表現なので、プラ表現を削り落として、パイプを埋め込むより
ヘッドライト表現が、車体に無い機種を加工するほうが、懸命と推測
銀河モデルの新型国電用のシールドビームを塗装後、装着するほうが綺麗に出来ると判断
持ち合わせのキハ04 の車体(部品取り済み)のみが、3台在ったので、3車体、塗装を落として置きました



妻面窓枠が、窓ガラスに表現されていますので、別府鉄道キハ101の中桟なし車体には、不適です



因って、キッチンNさんのエッチング部品を改造、装着します ⇒ どんな事になるか楽しみですね





屋根は、瞬間接着剤をベンチレーターの穴に流し、パテ代わりにしています
固まりましたので、ベンレーター表現を削り取り、銀河モデルのホワイトメタル部品に交換装着します
ヘッドライトの穴も埋めてしまいます ⇒ 実車も妻面腰に移設され、シールドビーム化されていますのでね

車体裾の加工が旨く行かなければボディを潰すことになるので、余分の2台も作っています

今日は、ここまで、更新をお楽しみに

11/7 車体裾の延長改造しました



1.5 x 1.5 のプラ角棒を接着しました



妻面の縦雨樋を削り取りました ⇒ 後で、φ0.3 真鍮線の別部品で作ります

慎重に削らないと、削りすぎて、失敗します
プラは、光らないので、段差が、目視では、判りにくいのです
塗装、下地を吹いて見ないと判らないのです 何回も研いでは吹き研いでは吹きをしなければ
プラは、切り継ぎ加工が完了しません ⇒ ある意味、真鍮板の方がよっぽど綺麗に出来ます

プラ車体の加工は、手間が倍かかります 簡単に出来るでしょうなんて思わないでくださいよ
材料が、軟らかい分、やりにくいのです 



動力をはめてみました まずは、O.K かな



胴受けは、床部に取り付いている、ダミーのカプラーと、セットの部品です

白の継ぎ足しプラ材は、車体に接着しています
と、言うことは、必然的にハメアイ部分に隙間が出来ます
まして、斜めに白のプラ材を加工し、下側を狭く加工し、密着させようとしたら、胴受けが入らなくなります
胴受け同様に斜めにカット出来ない事、隙間を付けざるを得ない事は、ご理解ください

プラの研磨作業は、写真のように、ケバ立つのです この後、下地作りで、何回も修正します
GMのキットを素組みするのとは、訳が違います


11/8 胴受けをやり直しました



別府港側 一位側面 こちらが、ラジェーター側と思います

胴受けを削りだし、車体に移植しました



野口方面側 多分こちらが、駆動台車側でしょう VIDEO 見て床下機器の配置から推測しました



屋根もベンチレーターを削除して、研磨しました



車体は、一応、3台作っておきます
一番出来の良い物を施主様に納入いたします その他は、予備です

次は、窓枠を入れ、下地塗装をします

11/9 軽く下地用塗料白色を塗りました



赤の車体をずーっと見ていると、目がおかしくなるのです
軽く下地を塗って、凹凸が光に透かして見得安くしました

ほら、こうすると一見、旨くプラの下地を旨く磨けたと思ってもそれほどでなく、アラが良く見えるでしょう



屋根も同じです ⇒ ベンチレーターを撤去、穴埋めを行っているので、下地を吹いて見ると
一目瞭然なのです

これから夜中に、下地を再調整、窓枠付け、ピンバイスで、穴あけをします

今日は、ここまでしか出来ていません、夕方まで、DCC化した、車輌のスピーカー交換をしていました
ゴメンナサイです おかげで、まぁまぁの音量、となり、CV58の値を最大の15まで、上げられます

11/10 窓枠を入れました




キッチンNさんの窓枠、寸法は、GOO

だけど、大変なのです ⇒ 中桟の撤去がねぇ、、、はめ込みガ、、、

それと、下地処理が、窓枠着けてからですのでね ⇒ こんなに荒れています

だから、プラの切り継ぎ、削りは、大変なのです、塗装してみないと判らないのです

下地処理ができたら、雨樋をつけます

今日、一日で、まだここまでです

11/11 まだ、下地の処理をしています

11/12 白のライン用の塗装が出来ました



下地の修正を重ねるごとに、塗膜が、ポッチャリしてきました
もう、この辺で、止めておきます

雨樋は、塗装後取り付けます 穴を開けておきましたw\.

テールライトは、これから装着します

明日か、明後日は、赤13号を塗装する予定です

11/13 ジャンパー栓、手間取っています



ジャンパー栓を着け始めたのですが、部品がデフォルメされていて、大きいのです
実車写真の所定の場所に旨く入りません

2車体作った時点で、どうも、イメージに合わない為、余剰部品をあさりました
結果、KATO か、TOMIX の24系25形のオハネフ「付随車」の付属品、ジャンパー栓がついたダミーカプラー部に
似ている物を発見、いただき〜っと、言う事で、切り取り、動力ユニットに貼り付けます



こんな部品です

よって、車体を 2 種類作りました



タイプT 銀河のジャンパー栓仕様 2台



付随車の残材仕様 ⇒ せっかく作ったスカート延長部を切り欠きました ⇒ 1台





ラジェーター側 動力ユニットに接着 左のジャンパー栓が、少し下がった位置にしています



駆動軸側 こちらは、右を下げています



まぁ、旨く行きました ⇒ バランス的には、こっちが Goo !!





こんな感じになります

どちらが御気に召しますか、施主さんに選んでいただきましょう

この後、白ライン用のマスキングをしてから寝ます

やっと、赤 13 号が塗れます

11/14 塗りにかかっています



もう一回、赤13号を塗りますが、ちょっと屋根を載せ、動力ユニットを入れてみましたを



明日、塗りが大体終わります

11/15 塗り分けが出来ました



1位側



駆動軸側



これから、艤装に移ります
夜が明けたら、デカールを貼りまして、車体の完成となります

11/16 雨樋を残すのみです 少し遅れてます



これは、先行試作の車体です あと少しなのです

エアーホースを着けて見ました、やっと収まりました ⇒ 道具が大きく、旨く収まりませんでした
位置関係、接着の仕方で、バランスが変わるのです



屋上の手摺りを着けました これは、サービスです

タイフォンは、あえて磨き出しはしませんでした ⇒ ひなびた感じをだして欲しいと言われていますのでね

屋上の塗りに手間取ったのです なかなか、平らになってくれませんでした
目止めのサフェーサーをかけないと、塗装後、しばらくすると下地が浮いてくるのです



明日は、ボディが完成の予定です、 が、3台製作は、ここまで、2台は、予備となります

一台、出来の良い車体を選んで、いよいよ電装となります

11/17 艤装がやっと終わり、デカールを貼りました



まだ、トップコートをかける寸前までしか出来ていません
雨樋に手間を食いました これは、サービスです
トアのバス窓に苦労しました
ヘッドライトの塗り分け装着に手間をかけました ⇒ 白のラインと、合わせて半分ずつ塗り分けです

エアーホースは、ホワイトメタル製で、弱いので最後に取り付けます
穴は、先行試作車の実験装着から得た位置に開けてあります



デカールの表記も出来ました



「別府港 ⇔ 野口」 作って、貼りました これも、サービスです

問題は、これからです
前面の窓ガラスに悩んでいます 旨く取り付けられればよいのですが
ライト類も旨く行けは良いのですが、、、。

プラスチックの切り継ぎ工作は、後から後から、塗装が引けて来るから大変です
何回も、磨いでは塗りを繰り返しているのですが、シンナーに漬かると引けるようです

もう、これ以上塗れません、ボテボテになってしまいます

紹介します ⇒ 雨樋用に冶具を作りました



ベーク板にφ0.4の穴を開け、誘いに座繰りをしています

割りピンを差込み、それに、φ0.4の燐青銅線を差し込みます



下から見たところ



半田付けします



取り外せばこの通り、とても装着し易いですよ

この後、トップコートを吹いて寝ます

11/19 電装で手こずっています



やっと窓ガラスが何とかなったのですが、連続で、難題なのです
LED が旨く取り付きません ⇒ 昨日から、4回やりなおしています
今、現在まだ、最中です





九分九厘出来上がっては、やり直し、やり直しなのです

8個のLEDが、そろって旨く点灯しないのです

もう、一回やってみます 目が疲れて、二重に見え出しました
1時間やっては、休憩、1時間やっては、休憩、メガネをかけたりかけかえたりです