PFM/UNITED UP 0-6-0 DCC化記録
3TRUCK SHAY #61 神奈川県M様 DCC化御依頼

2018/1/16 着工しましたが、、、



残念ながら、棒形モーターに取り付けられている、特殊なウォームが外れませんでした
何分、特殊なウォームなので、無理やり外す事は躊躇いたしました
もし、壊してしまうと、代用品がありません
ここは、悪しからず、モーター交換は、ご容赦お願い致します




錘が床板に半田付けされています ⇒ これは、難儀な事ですよ
とにかく、外さねば、、、、、




ボディと、床板をつなぐ、ステーも取り付けを変更します
でないと、デコーダーの脱着が出来ないのです




ステーを加工して、デコーダーを仮に納めて見ました
錘を外して、音抜け用の穴も開けました
QSI のデコーダー、基盤に直接配線し直し、基盤の長さを縮めるため、削りました
テンダーの側板さえも、削りました ⇒ やっとの事で入るようにしました
スピーカーは、ZIMO LS-26 が、やっとで入ります
隙間は、コンデンサーと、錘でいっぱいとなります
配線も出来るだけ短くするためにコネクターは使いません 直、半田付けします


音源は、予定通り、( 3050-505 USRA 0-6-0 Shay ) 
q2 File をダウンロードし、インストゥールしました


※ 全軸集電加工をしないと、KATO のポイントを渡れません

明日は、完成予定ですが、、、、????

------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

車輛が届いています

2017/9/3 車輛が届いています



テンダーのプロペラシャフト接続に難がありましたので、加工しました

走行状態は良く、集電も良好となりました
走行調整の結果、スローもききます



床板の取付けステーが半田外れです



テンダーにやっと、QSI のデコーダーが入ります

これで、3TRUCK SHAY の音源が入ります

モーター音は少し大きいですが、特に問題は、ありません