KTM 3線Oゲージ ED58 レストア記録
東京都 U様 レストア御依頼

2018/4/5 完成しました



ヘッドライト、LED2835 電球色埋め込み、レンズは、エポキシ流し込みで処理しました



LEDの電源基盤を自作しました
3線Oゲージのトランスは、AC16Vを想定しています
少し、抵抗を増やしていますので、低速時少し暗いですが、耐久性の為、我慢して下さい










パンタグラフも軽やかに昇降します



非動力側台車のボルスターが欠落していました
⇒ 台車中心ピン、スペーサーを自作して台車を装着しました




使用した材料です

少し残念な事がありました 最後の最後、台車を車体に取り付けている時に
車体と台車枠が接触して黄色のラインを少し剥がしてしまいました


タッチアップで処理しましたので、お許し下さい 
その他はまずまずよく出来ていると思います


完成です 可愛がってやって下さい

------------------------------------------------------------------------------------------------

製作記録

2017/11/29 車輌が届きました





車体側面が大きく全体に凹んでいます
なだらかな変形ですので、修復は簡単に出来るでしょう






スカート部分がバックリ口を開けていま
外して、修正、再設置するしか無いでしょう
※ ナンバープレート周りに、大分サビが浮いています ⇒ 丁寧にサビ落としするしかありません




パンタグラフ、半田が外れています 多少の変形もあります
修正・半田つけします




もう一方のパンタグラフ、これは、重症です
下枠のベースが半田外れしています
他にも半田外れしているところがあります
再半田修復します

電球は、片側、配線が外れていますが、直に電流を流すと点灯しました
配線をし直します

モーター、ギヤ、逆転スイッチ、コレクターは大丈夫です


2018/4/1 ボディを修理しました



車体側面の凹みを板金修理しました
塗装の為、ナンバープレートの半田をはずしました



スカートの半田外れを修理
ハシゴも外れてしまいました ⇒ 再半田しました



モニター、ランボードの浮きを修正、半田付けしました



ヘッドのナンバープレートの穴埋めをしました ⇒ 文字のみの表記、EF5857にします
塗装をはがした後で、鼻筋を整形します



パンタグラフの下枠が全滅、半田外れしていました、再半田修正しました



姿勢を集成、昇降を調整、フックが掛かるように調整 
⇒ 片側のパンタ、バネが無くなっていましたので、自作装着しました




ヘッドライトケースです ⇒ 車体から外していたら、豆球の線が切れてしまいました
仕方有りません、私の責任です ⇒ LED点灯に変更、改造します

奇麗に塗装をしようとした事が、災いしました ⇒ 取り付けたまま塗装すれば
こんな事にはならずに済みました、いらんお節介だったのだ


明日は、塗装を剥がします

2018/4/4 塗装が出来ました



奇麗に塗装を剥がして、サビ落とししました
塗装色は、青大将、淡緑5号、黄色1号、梯子は黒に塗っています
黄色との塗り分けは、実機とスカートの位置が違うので、雰囲気を表現としています
トップコートは、スーパークリヤUのGX100 艶有です ⇒ トイッぽくピカピカにしました










車内色は、目立ちませんが一応誠意を以て淡緑3号を塗りました



車番は、「つばめ」索引車、EF5857としています
もちろん、自作デカールを装着しました



少し縦幅が大ですが、既設のナンバープレートを台座にして、自作デカールを装着



台車は、奇麗に塗装を剥がし、丁寧にサビ落としして黒を吹きつけました



インサイドギヤ枠は、黒染めしました



車輪は、ピカピカに磨いておきました



ヘッドライトケースを塗りました
明日は、LED2835 を装着します




パンタグラフは、奇麗に剥離剤で塗装をはがして、青大将ですから、銀色塗装にしました



錘も丁寧に、内装色に塗装しておきました

明日は、組み立てに掛かります
週末には、完成予定です